「愛情がない」は離婚理由になるのか?

公開日: 

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e2%92%95

 

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

 

「離婚したい」と切り出され、その理由が「愛情の喪失」言われた時、それは離婚原因の

理由になるのでしょうか?

結婚して長い時間が経てば、最初に夫婦になったときと同じような愛情を相手に感じなくなる

こともあります。しかし、最初の恋愛感情と同じような思いはなくなっても、その代わりに時間

経過によって共同生活の実績が積み重なり、その夫婦に相応しい精神的な絆が形成されていく

ものです。

 

◆「愛情がない」は離婚理由になるか?

「愛情の喪失」とはこのような結びつきがなく、しかもそれを形成しようと努力する基盤も

ない状態を言うと考えられます。そう考えると決していい加減な理由ではないことがわかって

きます。ただ、この「愛情の喪失」が直ちに法律上の離婚原因になるかというと、必ずしも

そうでないのが難しいところです。

 

夫婦の結びつきは、お互いの精神的な結びつきだけではなく、経済的・社会的な意味での

結びつきもあるでしょう。また、子どもがいる場合は夫婦お互いが協力し、果たすべき役割

もあります。これらの事情を考慮すれば、精神的な結びつきが欠けているだけでは離婚が

認められない場合も少なくありません。逆に、その他の面での結びつきが残っているために、

精神的な結びつきが修復される可能性がある、ということで離婚が認められないケースも

あります。

 

◆愛情が冷めることに無防備!?

例えば、夫婦間の葛藤を生み出す原因として、

仕事が生きがいの夫 VS 家庭重視の妻

休日は自分の趣味を大事にしたい夫 VS 夫に父親としての関りを期待する妻

など、夫婦が生活していく中で、お互いの意味付けや優先順位をめぐって夫婦の対立が

深くなることがあります。また、下記のような考え方も夫婦間の葛藤を高めます。

 

自分の収入は自分のもの⇒生活費を渡さない、浪費

相手に期待するものがないから貢献しない⇒扶養放棄

夫婦間の力関係にこだわる⇒性関係の強要、暴力的支配

家族のために我慢すべきである⇒自由の拘束、犠牲の強要

自分の生活が大事⇒同居に応じない・家庭をかえりみない

 

◆私たちが「無防備」!?

夫婦間の対立が生み出すのもに対して、私たち、そして社会的にまだまだ

「無防備」と言われています。具体的には…

 

①愛情が冷める可能性に対して無防備。

②今日の夫婦関係は、建前として「平等」だが、実質的には平等であると言い難い。

 夫婦間の経済格差、力で相手を支配する、などに無防備。

③夫婦ともに離婚の可能性に対して無防備。

④夫婦間の葛藤を当事者のみで解決することは容易ではない。しかし、そういった

 社会的認識が低いため、解決を支援する相談・仲裁などの機能が不十分である

 ことに対して無防備。

 

私たちに求められるのは、夫婦は「よい夫婦げんかの仕方」を身に付けること、そして

社会的には相談・保護・仲裁などの機能を果たす機関の充実が求められています。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊