夫婦のコミュニケーション不全 リポートトークとラポートトーク

公開日: 

カップル

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

十分なコミュニケーションがあってはじめて、夫婦は互いに相手を「人生のパートナー」と感じられる

ようになります。しかし、そこまでの道のりは簡単ではなく、夫婦として成熟していくためには、お互

いの努力が欠かせません。

 

◆夫も妻も夫婦として未熟!?

「夫がわかってくれない」というのは多くの妻たちに共通する悩みですが、「妻はすぐに感情的になって

困る」という夫たちの言い分もあります。そもそも会話がかみ合わないのは、夫婦の会話のスタイルが

違うことが大きな原因です。

それは、夫は話題も話し方も理論的なリポートトーク(ただ情報のみを淡々と語る話し方)、

妻は話題も話し方も感情的で情緒豊かなラポートトーク(相手の情緒や感情に働きかける話し

方)なのです。

夫婦といえども、コミュニケーション不全では、人生のパートナーとはいえません。

性的な関係を含めた十分なコミュニケーションをはかっていくことが欠かせません。

 

◆夫のリポートトーク、妻のラポートトークによるすれ違い

女性が話したいのは、客観的な出来事より、自分がどう感じたか、どんな気持ちだったか

ということなのです。なので、夫へも情緒豊かな対応を求めますが、男性は、妻に共感を示す

いうより、話の内容を整理して要点を洗い出し、「こうすればいいじゃないか」などと

理論的に答え、結論を急ぎがちになります。妻が夫に共感を求めようとしても、夫は、

「わかった、わかった」→「つまり、○○だろう」→「だから、どうだって言うんだ」

→「要するになんだ?」などと批判や会話を打ち切ってしまいがちです。

そうなると妻は、夫に「ばかにされた!」と感じてしまいます。

 

ここで妻の心の声を聞いてみると・・・

①はぐらかされた気分になる

会話の軸がどんどんずれていくように感じられる。妻は「私が話したかったのは、そういうこと

ではないのに!」という思いを持ちます。

 

②自分が同意してようがいまいが関係ないと感じる

夫の応対は妻の気持ちを無視したものになりがちです。「私が同意してもしなくても、夫は自分勝手

結論を出し、私の意見などまったく関係ない」と、会話自体がむなしくなるのです。

 

③自分の存在を軽んじられたような気分になる

何を言っても、心のこもっていない返事に感じられ、妻は「結局、この人は、私のことなんて

どうでもいいんだわ」という思いを抱いてしまいます。

 

 

◆夫婦の成熟度をはかる6項目

1.独立への力

互いにひとりの人間として生活できる能力を身につけている。

2.配偶者援助能力

相手が必要とする援助を与え、支えることができる。

3.配偶者の援助の受容力

相手から与えられた援助を受け入れることができる

4.性的能力

互いに特定の相手として性的な情熱をもつことができる。同時に、相手の性的な情熱を

受け止めることができる。

5.性感能力

セックスにかぎらず、視線をかわしあったり、体を触れ合ったりすることが互いの喜び

を高めることにつながっている。

6.愛する能力

相手のことを思いやると同時に、相手の思いやりを受け入れることができる。互いに共感しあい、

思いあう能力をもっている。

 

互いに支え合う関係が成立して、パートナーシップは生まれます。

それは、相手の立場や気持ちに共感し、受け止め合う関係ともいえます。

こうした関係を保つことで夫婦は成熟していくのです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊