夫の言い方は威圧的に聞こえる

公開日: 

カップル

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

妻と話すのが苦痛という夫は、そう多くはありません。しかし、妻は夫のもの言いに苦痛を

感じていることがあります。夫は、妻に対して威圧的なもの言いをする傾向があります。

すぐに命令口調「〇〇しとけ」と言ったり、なにか面白い話をしても「主婦はヒマだな」

小ばかにしたような対応をしたり。。。

そんな夫との会話は、弾みようがありません。話をすればするほど、妻はガマンを強いられ、

不満は高まってしまいます。

 

◆夫と妻のコミュニケーションの特徴

夫婦間の会話を分析すると、夫と妻でコミュニケ―ションの態度が異なります。

 

夫の会話:ネガティブ・メッセージが多い

(威圧的)

・日常生活に必要なことを命令口調で言う。

・話の内容が気にいらないとすぐ怒る。

・妻より一段上に立って、小ばかにした受け答えをする。

(無視・回避)

・妻の話にいいかげんなあいづちをうつ。

・ほかのことをしながら上の空で聞く。

・都合の悪い話になると黙り込む。

 

 

妻の会話:ポジティブ・メッセージが多い

(依存・接近)

・妻自身の悩みや迷い事を相談する。

・重要なことの決定は夫の意見に従う。

・会話がとぎれると妻から話題を提供する。

(共感)

・夫の悩み事に親身になって考える。

・夫に元気がないときは優しい言葉をかける。

・夫の立場に共感しながら、誠実に耳を傾ける。

 

 

妻からはポジティブ・メッセージが多いので夫は妻と話をすると明るくなります。

自分の話をじっと聞き、やさしく受け止め、励ましてくれる。。日常のできごとを

面白おかしく話してくれる。。

こうした妻の対応は、夫の職場での孤独感やストレスを解消し、元気づけるもとになります。

 

逆に夫はネガティブ・メッセージを発することが多いため、夫と話をすると妻は暗くなってしまう

傾向があります。自分のいいたいことだけを偉そうに言って、人の話はろくに聞いていない夫でも、

給料を運んでくれるから仕方がない。。家族のためにとじっとガマン。。とあきらめの心境です。

これが妻の孤独感の根っこにあります。

 

◆妻に働く自己防衛機能

これらが妻のストレスや欲求不満となり、そこから自分の身を守るためにいくつかの自己防衛機能が

働きます。例えば、、、

 

・夫と関わらないようにする

できるだけ顔を合わせないようですむように出歩いたり、一緒に行動しないようにして、

会話自体を減らしていきます。

・心を殺し、良い妻のふりをする。

夫の言うがまま、「はい」「はい」と従順に振るまい、文句を言わない。あきらめからの一種の適応

です。しかし、内心では憎悪を募らせることもあります。

・別のものに当たる、熱中する。

夫に対しては直接言い返さないが、子どもに対して当たり散らしたり、逆に子どもと密着した関係を

築く方向に走ります。

・別のかたちで夫にダメージを与える。

最低限の家事、身の回りの世話はしても、それ以上の要求には応えません。セックスも拒み、家庭内

別居になることもあります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. A fabricante possui uma nota 2.89 no Reclame Aqui, com 99.7%
    das reclamações atendidas e 42.3% solucionadas.

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊