離婚後300日以内に生まれた子の戸籍は?

公開日: 

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%933

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚した日から300日以内に生まれた子どもは、婚姻中に妊娠した夫の子と推定されます

(民法772条2項)。つまり、離婚後300日以内に生まれた場合は、実際には父親が違っていても前夫の

子と推定され、出生届を提出すると嫡出子として前夫の戸籍に入ります。ただし、離婚後に妊娠した

ことを証明する医師の証明書があれば前夫の子として扱いません。

 

◆嫡出否認の手続き

生まれてくる子、あるいは生まれた子が前夫との間の子どもではない場合は、前夫が家庭裁判所に

「嫡出否認の調停」の申し立てまたは訴えを提起します。調停で当事者同士に「前夫の子どもでは

ない」という合意ができ、家庭裁判所が調査を行って事実と認められれば、前夫と生まれた子どもと

の父子関係は否定されます。

申し立てもしくは訴えは子どもが生まれたことを知ったときから1年以内にしなければなりません。

また、一度自分の子どもであると認めると「嫡出否認」の申し立てはできなくなります。

 

◆親子不存在の確認

離婚後300日以内に生まれた子であっても、夫が長期の海外出張などで妻が夫の子どもを妊娠する

可能性がないことが客観的に明らかな場合には、家庭裁判所に「親子関係不存在確認」の調停の申立

てをすることができます。申し立ては父母、子ども自身、実の父が行うことができ、無期限です。

離婚後に生まれた子の親権者は母親になりますが、父母の協議によって変更できます。母親が親権変更に

応じない場合、父親は、家庭裁判所に「親権者変更」の調停を申し立てをします。

 

◆離婚後300日を過ぎて生まれた子ども

離婚成立から300日を過ぎて生まれた子どもは、「非嫡出子」として、母親の戸籍に入ります。

子どもが前夫の子であるなら前夫に認知を求めます。また、必要に応じて実の父親に認知を求め

ます。

 

◆嫡出子と非嫡出子

嫡出子とは「婚姻中に生まれた子」のことで、非嫡出子とは「婚姻関係にない男女間に生ま

れた子」ことです。非嫡出子の場合、認知されれば子の戸籍に父親の名前が記載されます。法律上

の父親が明らかになり、養育費の請求や父親からの相続もできますが、認知されていなければ、法律

上の父親は不明ということになります。父親が認知をしてくれないときは認知裁判を起こすことが

できます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. fungus actually より:

    Hello, its good article regarding media print, we all be familiar with media
    is a enormous source of facts.

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊