夫の承諾なしに妻が使えるお金の範囲は?

公開日: 

買い物

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「なぜ妻名義の預金がこんなにあるのか!?」

「ブランドバックや服がこんなにたくさんあるのか!?」

 

離婚の財産分与とは婚姻期間内に夫婦で築いた財産を二人で分けるものです。

妻が主婦でも「内助の功」ということで、夫名義の財産を要求することができます。

 

離婚の話し合いをしている夫が妻に対して妻の持っている財産を開示するよう請求したところ

数々のブランド品や妻名義の預貯金が出てきました。

妻は専業主婦、婚姻期間は約6年でしたがブランド品の総額は約200万円、妻名義の預貯金は

600万円ありました。ちなみに夫の年収は600万円です。

妻が夫の給料で購入したこのブランド品と妻名義の預貯金はどうなるのでしょうか?

 

◆日常家事にかかる出費を超えているか?

ここで財産分与を考える上で、固有財産制夫婦共有財産制というものがあります。

固有財産制とは、独身時代に貯めたお金や両親からの贈与分は夫婦の共有財産ではなく、それぞれの

財産になります。なので、固有財産は、離婚時に夫婦で分与する必要はありません。

 

一方、夫婦共有財産制とは婚姻期間中に夫婦で築いた財産を、二人で分けるものです。

どちらの名義に関係なく、それぞれ2分の1ずつ分けるのが一般的です。また妻が無収入の場合、

夫の了承なしに夫の財産を使うことができます。

 

ただ、なんでもかんでも使って良いということではありません。法律では夫の了承なしに使える範囲を

「日常家事にかかる出費」としています。つまり食費、家賃、生活用品など日常生活費のことです。

いくら夫婦共有財産制といっても、夫の給与で数々のブランド品を買って良い、ということにはなり

せん。この場合、「日常家事にかかる出費」を超える部分については妻に返還請求をすることが

できます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Wow! At last I got a web site from where I can in fact take useful data regarding my study and knowledge.

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊