男の離婚 その後の人生を考える

公開日: 

ビジネスマン

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「アイツ、女房に逃げられた」

男が離婚した場合、世間はまだこのような目線で離婚男性を捉えることがあります。独りでもしたたか

に生きる女性と異なり、中高年男性の一人暮らしはどこか哀切が漂うところもあります。気分的にふさ

ぎこんで、あまり人とも会いたくない、むしろ人を寄せ付けず閉鎖的になるケースもあれば、「独り者

は気楽だ」とやけに明るく振る舞うことも。。

ただ、ここ最近ではスーパーなど惣菜コーナーの充実や仕事一辺倒ではなく趣味やスポーツなど

仕事以外の面を重視している男性も増えており、以前ほど、「バツイチ男性」のイメージはジメジメ

した暗いものではなくなっているのも事実です。

 

◆42歳男性の離婚のその後

Aさんは42歳で離婚、3人の子どもたちは妻が引き取りました。以来、賃貸アパートへ移り住んで5年

になります。当時を振り返ってAさんは「やっぱり初めは落ち込んで、誰もいない部屋にかえるのはわ

びしかった。。会社帰りは飲みながらゲームにはまったり、気晴らしにカラオケで歌うかでいつも終電。

休日は、ただ死んだように眠り続けていました。結局は酒量が増え、ろくなものを食べてなかったから

体の調子が狂って。。」

「落ち込んでいるときは仕事もはかどらず、部下に負担をかけたそうだが、今では仕事への意欲が回復

して、飲みに出る時間も少なくなりました。」

 

今、Aさんに好意を寄せている女性がいます。仕事で知り合った看護師さんでテキパキと歯切れがよく、

美人な方です。この二人が再婚すれば、お似合いのカップルと周囲も眺めていたようですが、

「あと4年は独りでいます。下の息子が大学を出るまでは。自分が所帯を持ったら責任がもてないから。

」と、Aさんは情緒に流されない精神力を離婚で学んだそうです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊