見えにくい夫のこころ

公開日: 

男性1

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 

 

男性のこころを理解することがいかに難しいかを示す問題の一つにうつがあります。

うつ病の有症率は女性のほうが高いにもかかわらず、自殺率は男性のほうが高く、ある統計では、

男女比が2,7)対(1) となっています。

 

男性の場合、 女性とは異なる形でうつ病を表現したり、男性のうつ病患者のなかには、

うつ症状が表に出る「うつ病らしい」うつと、つ病らしくない「男性型うつ」

があることが指摘されています。多くの男性は自分のつらさや悲しみといった内面を

さらけ出せていないのでしょう。

 

また、女性は他者に相談したり援助を求めるという行動に対して抵抗感が少なく、

ストレスを軽減するのが上手ですが、しかし、男性は、

「強くなければならない」

「他人に弱みを見せてはならない」

といった社会的制約が強く、すべてを一人で抱え込んで解決しようとする傾向があります。

 

このような男性の特徴は、パートナーが困っているとき、精神的なサポートを

夫に求めているときでも、その必要性を過小評価し、「自分自身で解決すべき」

という態度をとってしまい、パートナーを失望させることにつながります。

 

また、男性の場合、幼いころから「人前で感情を見せるのは男らしくない」

という言葉を両親や周りから叩き込まれ、感情を表に出すことが難しい場合があります。

そうなると、自分自身の感情に気づきにくく、表現することも難しく、それゆえにパートナー

の感情を共感的に理解することができにくくなっており、適切に対処できなくなってしまっている

ケースもあります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
 行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊