夫に知ってもらいたい!夫婦を襲う「産後クライシス」とは?

公開日: 

%e5%a6%8a%e5%a9%a6

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆私も経験した「産後クライシス」・・・

男女が結婚し、夫婦となり妻が妊娠した際、男女の4人3人「本当に相手を愛していると実感」

すると答えています。

 

ところが!!!

そんな愛情が子どもが2歳になった頃には、驚くほど落ち込みます。

特に妻の落ち込みは激しく、その割合はわずか2年で3人に1人までに半減しています。

そして、妻の愛情がほとんど冷めてしまっていることに、夫が気づいていないという

事態もあります。

 

◆夫婦を襲う「産後クライシス」とは?

女性の愛情曲線

上のグラフは「女性の愛情曲線」を示したものです。

結婚前後では女性の愛情度は「彼氏・夫」(青)が高くなります。しかし、子どもが生まれると

その愛情(赤)ほとんどは子どもに向けられることになります。そこから、「彼氏・夫」の曲線は

急降下しますが、「回復グループ」のように妻の愛情を取り戻すグループと「低迷グループ」

ようにそのまま低迷し続けるグループの2つの曲線に分かれることになります。

 

この「産後クライシス」は、0歳~2歳までの子どもがいる場合に起きやすく産後に急速に

夫婦仲が悪化します。その主な原因は・・・

子どもを出産した妻が、産後の夫の赤ちゃんへのかかわり方や家事の

分担に強い不満を持つ、ことから起こると考えられています。

夫はなぜか不機嫌な妻に、どうにか気を遣おうとしますが、妻はそんな夫にいらだち、全身全霊で、

夫への不満を表現します。また、この「産後クライシス」が起きてしまうと、それまで抑えられて

きた妻の不満が一気に夫を襲い、夫は「最愛の人」から

 

↓↓↓

「育児・家事の邪魔をするやっかいな同居人」

くらいまで格下げされます。下手をすると、憎しみの対象となり、セックスレスの大きな原因

にもなっています。


これまで、育児ノイローゼや産後ブルー、産後うつなどはいずれも「母と子の問題」として

とらえられていました。しかし、それを夫婦や社会の問題としてとらえ直す事が求められている

ようです。また夫は妻へのやさしい言葉をかけるよりも『まずは、行動を!』が求められて

います。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。 

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊