産後クライシス回避! パパに「言わなくても気づいて!」は無理…!?

公開日: 

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e7%94%b7%e6%80%a7

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「うちのパパ、言わないと家事も育児も全然やってくれないんです!」

そんなママたちの声をよく聞きます。

 

これに対してパパたちは、

「何をどう手伝ったらいいかよくわからない…」

これが本音だと思います。

 

普段、ママほど家事育児をしていないパパにとっては、

「自分で考えて家事育児をする」のはかなりハードルの高いものです。

そんな、男たちに対して、「言わなくても気づいてほしい!」

というママの要求はなかなかレベルの高いものです。

 

なので、

ママが、ただ「手伝ってよ!」と

パパに言うだけでは、伝わりません。

例えば、具体的に・・・

 ↓

パパが自分で使った食器を片づけて ほしいのか?」

「家族みんなの食器を片づけてほしいのか?」

「洗濯物を毎日たたんでほしいのか?」

それとも、

「週末だけ」でいいのか?

「今、部屋を掃除してほしいのか?」

「後でもいいのか?」

 

・・・!?

・・・!?

・・・!?

 

これを見てママたちからは「そんなことも分からないの~!(怒)

とため息がでそうなことかもしれません。

しかしパパたちは『本当にわからない!・・・』のです。

 

まずは、ママ自身が

「何を」

「どのように」、そして、

「いつまでに」、

やってほしいかを明確にして、それをパパにきちんと伝えたほうが、

ストレスも少なくて済みます。

 

◆パパの出番を作る!

例えば、『ゴミ捨て』。

ママが分別して、パパが玄関からゴミ収集場所へ移動・・・

これだけでは、パパはいつまでたってもママの「お手伝いレベル・・・」

のままです。これでは、パパも面白くない。。。

 

そこで、

パパに分別から任せてみて、分別の仕方やごみ箱の位置もパパ

やりやすいように改善してもらったり、新しいグッズをそろえたり・・・

こうなるとパパも責任感やる気がでてきます。

 

◆家事を「分担制」から「シェア」へシフト

パパが家事を担当できるようになったら、もう一つ、またもう一つ、

担当を増やし「分担制」にシフトチェンジしていきます。

パパのメイン家事が増えることで、「夫婦二人が主担当」という考え方に

徐々に移行できます。

 

そして、

「分担制」が定着したら、さらに上を行く

「家事育児シェア」へバージョンアップしてみます。

 

「分担」と「シェア」の違いは・・・

 

「分担」・・・担当を明確に決めて責任を押し付ける、ことですが、

「シェア」・・・できる人ができる時にやる、ことです。

 

責任を押し付け合うのではなく、状況に応じてお互いを思いやりながら

フレキシブルに対応するのがコツです。

 


 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。 

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊