協議離婚の方法と手続き

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a718

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です

 

協議離婚はお互いが合意して離婚届を出せばよいので、形式上の手続きは難しくありません。

ただし、未成年の子がいる場合には、親権者をどちらにするかを決めなければ、離婚届は受理

されません。また、離婚届を出したのはいいけれど、後で財産分与や慰謝料、養育費などの

問題で紛争となることもあるので、できれば離婚届を出す前に話し合って決めるべきことは

決めておくことが大切です。

 

◆協議離婚で紛争になりやすいところ

○勝手に配偶者の一方が離婚届を出したとき

このような離婚届は無効なので、離婚は認められませんが、一旦、受理されてしまう

と離婚無効の調停の申立てや訴訟などで離婚が無効であることを証明しなくてはいけ

ません。

 

○勝手に離婚届が出されそうなときや、いったん合意したが後で離婚する意思がなく

 なったとき

離婚届が相手方の配偶者から勝手に出されそうなとき、または離婚届に所定の事項を記載して

印鑑を押して渡したが、離婚することへの気持ちが変わった場合には、「離婚届の不受理申出」

を最寄りの市区町村の役所へ提出することにより離婚届は受理されなくなります。

(用紙は市区町村役所の戸籍係で手に入ります)

この申出書の効力は申し出た時点から発生し、不受理申し出の取り下げをするまで続きます。

申し出を取り下げる場合は、申し出た本人が取下書に記入し、申出書と同じ印鑑で押印し、

署名します。

 

○子どもの親権者が決まらないとき

未成年の子がいる場合、親権者を決めなければ離婚届が受理されませんが、どうしても

決まらない場合は、家庭裁判所に親権者指定の調停の申立てをして、調停または審判

決定することになります。

 

○財産分与・慰謝料や養育費が決まらないとき

財産分与や慰謝料、子の養育費が決まらなくても離婚届を出して離婚することはできます。

しかし、離婚後の交渉となると大変なので、離婚前に決めておくことが望ましいでしょう。

特に不動産のローン債務がある場合は、銀行とのやりとりが必要となったり、共有名義に

してあることもあるので、複雑になりがちです。

こうした金銭面での交渉がうまくいかない場合には、やはり家庭裁判所に調停の申立てを

することになります。調停が不調に終われば再度、話し合うか訴訟ということになります。

 

◆離婚協議書の作成

協議離婚の場合、協議離婚書という契約書を作成するのが望ましいと言えます。

離婚条件等が口約束であれば、後に「言った言わない」の争いになることは

しばしばあります。特に財産分与・慰謝料・養育費などの金銭問題は、きちんと

した契約書にしておくべきです。

 

早く別れたいからと言って慰謝料などの話し合いを離婚後にとしてしまうと、離婚した

後では離婚という目的をすでに達成しているので、払わずに済めば、あるいは少なけ

れば少ないほど良い、、という考え方になってしまいます。

 

こうした離婚条件の契約書(特に金銭面での合意)は公正証書にしておくと効果があります。

公正証書の中で、この契約に違反した場合、強制執行されても異議がない」旨の一文

執行認諾文言)を入れておけば、相手が約束どおりに支払わないなどの契約違反をした場合、

給与や財産を差し押さえて強制執行をすることができます。

また、「本契約に定めるほか一切の債権債務のないことを確認し、何らの金銭的請求

をしないと相互に確認する」といった清算条項をいれることで今後、金銭面での紛争の

蒸し返しを防ぐこともできます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊