離婚調停 相手方の言い分が間違っているときはあいまいにしない

公開日: 

あいまい

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

 離婚調停では、夫と妻の言い分が食い違うのが普通です。また、調停委員は、

明らかなウソや大げさの言い分をのぞけば、夫婦と交互に面接しながら、どちらの

言い分が正しいか判断したり、妥協点を探ります。

もちろん、その心証の良いほうが、調停は有利に進むでしょう。感情的な態度や

一方的な主張は調停委員の心証を悪くします。

 

◆反論することは、誹謗中傷したことにならない

しかし、これは、

「相手方の言い分や意見を黙って受け入れろ」

「調停委員の助言には反論するな」ということではありません。

相手方の言い分や意見が間違っていれば、ハッキリその誤りを指摘すべきですし、

自分の言い分が正しいと思えば、その旨を堂々と主張すべきです。これは調停委員の

助言に対しても同じことが言えます。

 

◆あいまいな回答や態度は不利になる

例えば・・・

夫が、「離婚原因は妻にある」と主張しても、調停委員はそれを鵜呑みにしません。

通常、妻にも同様の質問をしますし、夫の言い分に対する反論を聞いて、その正否を

判断するのが普通です。

 

しかし、相手方の言い分が間違っていると思っても、

「はっきり否定しない」

「あいまいな回答や態度をとる」

当事者も中にはいます。

この場合、調停委員は、相手方の言い分が正しいと判断する可能性が高くなります。

わからないことは、「わからない」と答えればよいですが、聞かれた質問にあいまいな

回答や態度を取ると、調停は不利になるので注意する必要があります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 





シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊