相手から離婚調停を起こされてもあわてるな!

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a7%e2%92%95

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚調停では申し出た側の「相手方」になると、どうしても準備不足は否めません。とくに、夫婦関係

がギクシャクし離婚話が出ていても、「まさか離婚調停をおこされるとは・・・」と思うのが普通

です。当然、調停に向けての準備など、ほとんどの人はしていないでしょう。

 

◆家庭裁判所から呼出状・・・でも慌てるな!

離婚調停の相手方には、呼出状と一緒に申立人の提出した「夫婦関係調整調停申立書」が送られて

きます。ここでまず、申立ての趣旨、動機 を確認します。

 

また、申立人が家庭裁判所に提出している、事情説明書(離婚に至るいきさつや動機について記載した

もの)は、家庭裁判所に請求すれば閲覧も可能です。

 

記載内容にウソがあったり、それまでの話し合いの内容と違っていたら、家庭裁判所に提出する答弁書や

事情説明書に、その旨や自分の言い分を記載します。

 

調停の期日までに必要な資料や証拠を集める。ここで、資料等がしっかりしていれば、相手の理不尽な

言い分にも十分反論できるでしょう。

 

そもそも、調停では、一方が離婚に反対すれば成立はしません。

まずはおちついて申立人の言い分や主張を確認してみることです。

 

◆調停に臨むときの注意

調停委員と言われる方は、40歳以上70歳未満の社会的経験や知識のある人や家事紛争の解決に専門的な

知識を持つ人、また弁護士の中から選ばれ最高裁判所によって任命された人です。

調停は、この調停委員が夫婦の間に入っての話し合いです。なので、調停委員に対する心証は良くしてお

きたいところです。基本的なところですが、

 

・遅刻、欠席はしない。

・要点を整理したメモを持参する。

・自分の思いは正直に伝える。

・調停委員のアドバイスにも耳を傾ける。

・疑問点は積極的に尋ねる。

・非協力的な態度はとらない。

・結論は自分で出す。けっして急がない。

・好印象を持たれる身だしなみ、言葉遣いを心がける。

 

以上は注意しておきたいところです。
 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊