子どもの親権 親権者と監護者の違いは?

公開日: 

%e3%81%ac%e3%81%84%e3%81%90%e3%82%8b%e3%81%bf

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚の際、未成年の子どもがいる場合には、親権者を決めなければいけません。

親権には、

「身上監護権」・・・子どもの衣食住の世話をし、教育やしつけをする権利と義務

「財産管理権」・・・財産を管理する能力のない未成年にかわって法的に管理し、契約など

           の代理人になる権利と義務

以上の2つがあります。また、親権には、次の内容も含まれます。

 

①子どもの住む場所を指定する。

②親は必要な範囲内で、子どもが悪いことをしたときにいましめたり罰を与える。

③子どもが仕事をするときに、判断し許可を与える。

 

通常は子どもを引き取った親が親権者となり、日常的な世話、教育をします。

一般的には、親権者=監護者となります。

 

◆親権者と監護権者

しかし、最近は離婚の話し合いのなかで、親権の取り合いで争いになることが多くなっています。

少子化も影響してか、夫婦の親、つまり子どもにとって祖父母までがかかわって問題解決を

長引かせることもあります。

 

そのような場合、まれなケースですが、親権から身上監護権の子どもの世話や教育の部分

の権利と義務を分けて、「親権者」監護者」に分けることで解決をはかることもあります。

つまり、親権者でない親が子どもを引き取り、監護権者として子どもの日常的な世話や教育、

しつけを行うことになります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊