夫の「で、結論はなに?」という一言

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a7%ef%bc%99

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「夫に言われて傷ついた一言は?」という妻へのアンケートで、第9位に「で、結論はなに?」

という一言がランクインしていました。その記事によると、「男性は報告や結論を求めて話すが、

女性は過程に重点を置くので結論はなくてもよいことが多い」ことが原因とあります。

 

また、ある例えとして妻が子育てをめぐって夫の母親から、「もっと勉強させなさい」とか

「あまりお菓子ばかり食べさせないように」などとあれこれ注文をつけられたとしたら、

それが仮に正しいことであっても、妻は・・・

 

「そんなことは言われなくてもわかっているわ!」

「分かっていてもうまくいかないのが子育てなのよ!」

 

と腹立たしさを感じるかもしれません。

そして、妻はそうしたうっぷんを仕事から帰宅した夫にぶつけます。

 

「今日、お義母さんから電話があったのよ」

「子どものことでいろいろ説教されちゃったわ」

「そんなこと言われなくても分ってるんだけど」等々

 

妻の話は延々と続きます。話を聞いていた夫は終わりの見えない妻の話にしびれを切らし、

内容がひと段落した頃を見計らっ「で、結論はなに?」の一言を発します。

話している妻にしてみれば、聞き手に伝えたい結論めいたものがあるわけではなく、夫に自分

「やるせない気持ちをわかってほしい、共感して欲しい」いう一心で話をしています。

他方、夫はいつまでたっても妻の言いたいことがよく見えてこないので「早く結論を話してくれよ」

ということになります。

 

◆妻との会話に失敗しないために…

会話には「答えを求めているのか?」または「聴いてほしい、共感してほしいのか?」

の2パターンがあります。

共感を求めているのに結論を急いだり「それは、○○すればよいだろう」と結論だけ答えるのは

トラブルや不満の原因となります。また、聞き手にしてみれば結論が知りたいばかりに、途中の

プロセスはどうでもいいとばかりに他のことを考えながらいい加減にうなずいていると、

 

「あなた、聞いてないでしょ!」

「今、わたしが何て言ったのか言ってみて!」

 

と質問され、険悪なムードになってしまいます。話し手としてはプロセスこそ注意深く聞いて

もらい、感情移入してほしいのです。

 

妻の話が長くなりそうな場合、結論を求めているのか?共感して欲しいのか?を察知する、

または事前に「どっち?」とさりげなく聞いておく(聞ける状況であれば…)とよけいな摩擦を

防ぐことができそうです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊