結婚前に相談していない多くのことがあるから、結婚後に問題となるのは当然なのです

公開日: 

カップル

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

結婚後に「こんなはずではなかった。。」と感じている夫や妻。

それは、ほとんどのカップルは、結婚後のあれこれについてじっくり話し合うことのないまま、

夫婦となっているからです。恋愛中には、結婚後の生活について、それぞれ思い描いていても、

踏み込んだ話し合いをすることはあまりありません。妻が働き続けるのかということすら、

きちんと話し合っているカップルは半数以下です。家事分担にいたっては、9割近くの

カップルが話題にもしていません。

 

結婚生活が始まれば、話し合う機会も増えます。しかし、当然のことながら、必ずしも意見が

一致するわけではありません。合意が得られない場合、

 

妻は夫に「もっと家事をしてくるものと思っていた」

夫は妻に「もっと僕の仕事に理解があると思っていた」などと、

お互いに不満を募らせていくことになります。

 

◆結婚してから妻が問題と感じたこと

・結婚しても仕事を続けること

・結婚後も生き方を変えないこと

・相手の家のしがらみを受けないこと

・自分の時間を大切にできること

・家庭責任は夫と平等であること

・自由になるお金が確保できること

・相手のことは干渉しないこと

・姓を変えないこと

 

どこに住むか?子どもを何人つくるか?については、話し合っている夫婦は多いですが、

上記のことに関しては話し合っていないケースが多いのです。

 

結婚後に夫婦間で問題となるのは、

 

「家事の分担」

「妻の就労」

「夫の生活方針(仕事のこと・家庭のこと)」です。

 

結婚前はこれらのことは特に話し合わず、お互い「暗黙の了解」として済ましていますが、

結婚後にこれらの問題が夫婦で話し合った結果、「もの別れ」になることも多いのです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊