「男おひとりさま」で生きてく10か条

公開日: 

ひとり

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

男のシングルライフ注意しておきたい10項目をまとめてみました。

 

①衣食住の自立は基本のキ

とりわけ「食べる」ことは生きることの基本。これまでこの基本を妻や母親まかせにして

きたのなら、今からでも自分で行動してみましょう。

 

②体調管理は自分の責任

男性の場合、高齢になると生活習慣病の方が多くなります。

良い体調管理はクオリティ オブ ライフ(生活の質)をあげることができます。

 

③ギャンブル、薬物などにはまらない

最初はわずかな「さみしさ」や「つらさ」を紛らわすために手を出したものが、やがて依存になり

生活を破壊するに至ります。特に男のひとりは、止めてくれるひとが周囲にだれもいない

ことが多いので要注意!です。

 

④過去の栄光を誇らない

女性に比べ、男は自慢したがる傾向があります。しかし、過去の経歴にすがる人は、周囲から

干されることもしばしば。人の値打ちは、周りが見つけてくれます。

 

⑤人の話をよく聞く

居場所を見つけたいと思ったら、まず、「しゃべる」より「聞く」側にまわること。

間をもたせようと思ってしゃべりまくるのがサービスだとカン違いしている人もいます。

しゃべくりで「おもしろい人」と思ってもらえるのは一時です。

 

⑥つきあいは利害損得を離れる

仕事上の関係は損得がらみ。利害や損得のない関係で人がよってくればそれは、

「あなた」という人物の人柄を純粋に受け入れていることになります。

 

⑦女性の友人には下心をもたない

「おひとりさま」になれば、男女とも配偶者以外の異性とおおぴっらいに付き合うことができます。

気を配ってくれる女性がいれば、最初は素直に感謝の言葉を表すこと。そして、女性をほめる言葉を

出し惜しみしない。まずは「人」として素直に付き合ってみることです。

 

⑧世代のちがう友人を求める

男の同世代だとグチと繰り返しが多くてうんざりする。。。こともあります。

世代の違う友人は、異文化を運んでくれます。新しいゲームやサブカルチャーの情報など。

ただし、自ら「教える」、「導く」、「説教する」はタブー

「教える」とは相手に「教わる」気持ちがあるときしか成り立たない行為です。

 

⑨資産と収入の管理は確実に

離婚の際、妻が家計のすべてを握っており、言われるがまま。。。これは、少ない給料の

やりくりを妻にすべて押しつけていただけで、単なる責任回避のケースです。

資産と収入の管理は自分で行い、おいしすぎる投資話などには乗らない。

 

⑩まさかのときのセーフティネットを利用する

「おひとりさま」だといつ何が起こるか分かりません。貴重品のしまい場所や

緊急時の連絡先リスト、そして変調を感じたときに気軽に連絡できる相手を

複数確保しておくことです。

 


 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊