母が不倫したことは仕方なかったと思うけど、隠し通してほしかった…

公開日: 

女性3

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

現在、20代後半の女性。

彼女の母親は、彼女が高校1年生のときに、夫以外の男性と深い関係になり、

それが原因で離婚しました。

 

母親は、自分のことばかり考えて、勝手だと思う。

他に好きな人ができても、それは仕方なかったと思うけど、それを隠して欲しかった。。

父は出張が長く、母が寂しかったのはわかります。でも、離婚する必要なんか

はなかったんです。父にバレたとき、母は居直ってしまって、結局、そのままのはずみ

で、離婚になりました。

 

母親は離婚後に不倫相手とは別れ、現在は一人でつつましく暮らしています。

その後、精神的に不安定になって、たびたび娘の私に電話をかけてきましたが、

こうなったのは母親の責任だし、自分には面倒見きれない、などと少し突き放す

ような口調で母に言ってしまいました。

 

母がいなくなってしまって、私はとても忙しくなってしまいました。

兄がいたのですが、受験生だったため、私が家の仕事をしなければならなくなったんです。

家のことと勉強の両立も大変で・・・。

父もある程度はやってくれましたが、仕事があるし。。

私はその後、人間不信に陥ってしまい、結婚に対するあこがれなどは、持てなくなって

しまいました。。

 

 

子どもが大きくなった高校生でも、親が離婚すると、大きなしわ寄せを受けます。

また、大人であれば自分の言動がどのような結果を招くのか、だいたいの予想は

つくものなので、母親はもっと慎重に行動すべきだったのかもしれません。

 

「誰にも知られなければ、なかったことになる」

「お墓の中にまで持っていかなければならない秘密ができることもある」

 

不倫や浮気を肯定するつもりはないですが、なんでも正直に言えばいい、

というわけでもないでしょう。

今回のケースであれば、母親がもう少し慎重で、大人としての分別をもっていたら、

離婚することはなかったのかもしれません。そうなると、彼女はもっと大らかで

明るい学生生活を送れたはずですし、人間不信に陥ることもなかったかもしれません。

 

みんな、「生きたいように生きる権利」を持っています。

ただ、それは人を犠牲にしてもいということにはならないはずです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊