データから見る中年期の浮気・不倫事情

公開日: 

カップル6

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

この場合の中年期とは、おおむね40歳~65歳くらいで、

 

・病気や更年期など身体的危機

・失業や不安定雇用による経済的危機

・人間関係や家庭内の親子・夫婦関係の危機 等々・・・


人生の中でも様々なリスクが伴う世代でもあります。

なかでも、こういう時期に起きやすい夫婦・カップルの

問題の一つに、「浮気・不倫」問題が挙げられます。

 

 

◆アメリカのデータから・・・

2004年にアメリカのとある町で行われた調査で「婚外交渉

(夫婦・カップル以外とのセックス経験)があるかどうか調べた結果、


既婚男性の20.5%

既婚女性の11.7% 

が過去に一度は婚外交渉の経験があると答えました。

 

 

◆日本では・・・

日本では、40歳以上の男女を対象としたデータとして(2010年)

浮気(その場限りのセックスを含む)経験があるかどうか調査したところ、

 

夫の 34.6%

妻の 

が、「経験がある」と答えています。

 

さらに、その夫の経験者のうち、

28.7%2回以上の経験があり、

 

また、同じ相手と2回以上の継続的な関係不倫となると、

 

男性 30.3%

女性 9.9%

 

が経験あると答えています。

 

 

 

◆どの世代にも「不倫願望」はあるが・・・

一方で、「不倫願望あり」と回答した人は、

 

・40~60代約半数

 

・40代ので、20.9%

・50代ので、16.1%

・60代ので、12.6%

となっています。

 

 

「願望」実際に行動」に移すことは、大きく違いますが、

それでも不倫願望の人数の多さからも分かるように、浮気・不倫は

私たちの生活の中で避けがたく起こりやすい身近な問題として

とらえることができます。

 

しかしながら、浮気・不倫によって引き起こされたパートナーへの

不信感や、裏切られ感などによって傷ついた体験や罪悪感は、

その後の夫婦・カップルに大きな影響を与えることに変わりは

ありません。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊