それでも妻と離婚したい!

公開日: 

離婚したい

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「もう、夫婦としては完全に終わっている・・・」

「もうこれ以上、妻のヒステリーに自分が我慢することに疲れた・・・」

「これからは、別の女性と人生を歩みたい・・・」

 

など、男性が離婚を決意するケースもいろいろあります。

そのために、

「もし離婚したら、養育費や財産分与、慰謝料などはいくら払えばよいか?」

と計算する方もいらっしゃいます。もちろん、お金の計算も重要ですが、

その前に再度、確認したいことがあります。それは、

 

「そもそも、奥様は離婚を認めますか?」

 

 

◆双方の合意がないと離婚できない!

離婚を考えるとき、当然、「離婚成立」を前提として、

お金の話が進んでいます。しかし、いくら離婚条件を

頭の中で考えても、いざ、相手が離婚に応じてくれないと、

何の意味もありません。

 

例えば夫が、

「今のこの冷めきった夫婦関係で、離婚を切り出せば

相手も応じてくれるだろう」

と思ったとします。しかし、たいていの場合、夫が考えて

いることと、妻が考えていることは相違しているケースが

多いのも事実。

 

さらに、ダメ押しと考えて、

「好きな人ができた、そのと一緒になりたい!」

と夫が言おうものなら、妻は感情的になり、離婚を

認めることはないでしょう。

 

 

◆まずは同意してくれる方法を考える

離婚を切り出す前に、離婚条件について考えることが

悪いのではありません。何の考えもなしに、感情的に

離婚を切り出す方がよほど危険です。

 

そのためにも、離婚条件をいろいろと考える時間のうち、

すこしだけでも「相手から離婚の同意をもらう方法」

に費やすことです。

まずは妻に「離婚するのも仕方がない」と思わせること。

最初の一歩を間違えると、離婚問題は長期化します。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。 

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊