夫婦のコミュニケーションがとれないのは発達障害のせい!?

公開日: 

猫

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

ある40代の会社員男性。会社の産業医から

「発達障害の一つであるアスペルガー症候群ではないか?」

と言われ外来を受診しました。

 

この男性は日本でも有数の機械メーカーの管理職で、仕事は順調。

しかし、男性には、数年前に結婚した妻との間に子どもが1人いましたが、

男性は専業主婦である妻との間がしっくりこないとずっと思っいました。

「日常生活のささいなことで妻と対立してしまう」というのが

彼の主な訴えでした。

 

 

アスペルガー症候群の特徴としては・・・

知能は正常であるものの、生まれつき社会性の低下を認め、

「相手の立場に立って考えられない」

「場の雰囲気が読めない」

「自然なコミュニケーションが行えない」

といった症状を認め、それにより生活にさまざまな支障をきたしている方、

といった概念です。

 

 

◆夫は発達障害に違いない!

妻からも

「発達障害に違いない」

「発達障害だからコミュニケーションがうまくとれない」

と言われ、自分でもいくつか入門書を読んだところ、

当てはまるところが多いように感じました。

 

彼は妻から、

「気遣いができない」

「仕事が忙しいといって、帰宅が遅い」

「家事の大変さをわかってくれない」 

と何度も批判されていました。

 

 

◆診断の結果・・・

診断の結果、この男性に発達障害の兆候は全く

認められませんでした。

アスペルガー症候群の診断に必要な小児期・児童期に

おける対人関係の質的な障害やこだわりの強さは、詳細に

問診したにもかかわらず、まったく存在しませんでした。

 

つまり、この男性の問題は何らかの「病気」や「障害」に

よるものではなく、夫婦間に信頼感や愛情、またお互いに

対する思いやりが欠けていたのが原因だったのです。

 

多くのアスペルガー症候群の方は、小児期において、

なんらかの不適応や問題行動を示すことが多いとされます。

そもそも、発達障害は生来のもので、幼児期・児童期

に何の兆候もない人が、大人になってから発達障害

を発症することはないのです。

 

昨今、この「大人の発達障害」が注目されるようになったのは、

社会的な状況の変化の影響が大きいようです。

つまりは、一般企業の管理化が進むとともに、自営業が衰退し、

コミュニケーション能力に劣る人たちがはじき出されるように

なったからといえるかもしれません。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊