面会交流の具体的な取り決め内容

公開日: 

何を決める

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

面会交流とは、離婚により離れて暮らすことになった

親子が、会って一緒に過ごし、交流を持つことをいいます。

面会交流は離婚の際に定めることも多いですが、離婚の際に

定めなかった場合でも、離婚後に面会交流を求めることができます。

 

離婚したからといって、子どもにとって親であることに変わりはなく、

子どもには父親からも母親からも愛情を受ける権利があります。

 

また、親は子どもにとって最も身近な大人であり、

両性の親と継続的に交流を持つことは子どもの

成長発達にとっても重要なことです。

面会交流は、親同士が取り決めるため、親の権利のように

思われがちですが、あくまでも子どもの福祉・利益

実現するためのものだということを忘れてはいけません。

 

 

◆面会交流の決め方

面会交流の内容について、親同士の話し合いで取り決める

ことができるのであればこれが一番です。

最終的に合意に至った内容は書面に残しておきます。

書式は何でも構いません。内容が分かれば大丈夫です。

 

また、親同士で話し合いができない場合、あらかじめ

話し合いをしていない場合でも、家庭裁判所の調停や審判

を申し立てることができます。

 

調停は基本的には話し合いですが、家庭裁判所の調停委員

が間に入ってくれるため、相手側と顔を合わさず

話し合いをすることができます。

審判は、裁判官が当事者双方から事情を聴くなどして、

最終的に面会交流を認めるかどうかの判断(審判)

を下します。

 

 

◆面会交流の具体的な取り決め内容

・頻度と時間・・・月に○回、○か月に○回、

            1年に○回…など。1回何時間くらいか。

 

・場所・・・場所を特定するのか?、どこでもよいのか?

 

・宿泊の有無・・・日帰りなのか?宿泊もOKなのか?

 

・子どもの受け渡し方法・・・子どもが小さい場合は、送り迎えの方法。

              遠距離の場合はどちらが交通費を負担するのか?

 

・学校行事、特別な日・・・入園・卒園、入学・卒業、運動会、学芸会、

             授業参観など、学校行事への参加の有無。

             誕生日、お正月、クリスマスなどの過ごし方。

 

・長期休暇の場合・・・夏休みや冬休み、連休などの過ごし方、旅行など。

 

・間接的な交流の方法・・・手紙や電話、メールなど、間接的な交流についての有無。

 

お小遣いやプレゼント・・・面会時や誕生日などに、お小遣いやプレゼントを渡してもよいか?

 

 

日程、場所、時間などは厳密に決めてしまうのではなく、

ある程度柔軟性を持たせた決め方をすることをお勧めします。

子どもの体調や学校行事などの理由により合意どおりに実施

できないこともあり、あまり厳密に決めすぎて、合意通りに

実施できなかったことをもって紛争になっては本末転倒です。

 

また、スムーズに合意が成立しても、苦労してようやく

合意にこぎつけたとしても、面会交流は子ども側の事情に

合わせて実施するものなので、合意事項を修正する可能性は

大いにあります。

合意が成立すればそれで終わりというものではありません。

合意の成立はスタートにすぎないのです。

この面会交流の問題は、双方の親は互いに子どものために

いつでも話し合える関係を構築・維持しなければならない

ということにもなります。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊