祖父母と面会交流について

公開日: 

菜の花

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

祖父母には孫と面会交流できる独自の法的権利はない

というのが現在の考え方です。

 

現実問題としても、祖父母が孫に面会交流をしたい

のにできないという場面は、通常は、子どもと離れて

暮らす親(非監護親)が思うように面会交流できない

ときが多いので、

 

そこに祖父母までが独自の面会交流を主張すると

事態は大いに混乱してきます。

また、監護親が非監護親(子どもと離れて暮らす親)

の両親と子どもとの面会交流を拒絶する背景には、

いわゆる嫁・姑舅問題が離婚後も尾を引いている

ことが多いと言われています。

 

子どもにとって祖父母との面会交流は、子どもの健やかな

心身の発達にとって有益ですが、親子間の面会交流自体が

うまくいっていない場合は、

祖父母が独自に面会交流をするのではなく、親子間の

面会交流の場面に参加する方法で実現したほうが

良い場合もあります。

 

 

◆祖父母が孫の監護者になれるのか?

未成年者がいる夫婦が離婚する場合、どちらが親権者と

なるのかを必ず決めなければなりませんが、

親権者になれるのは親だけなので、

祖父母は親権者になることはできません。

 

祖父母が孫を引き取って育てたい場合は、親権と監護権を

分離して、祖父母が監護者となるということになりますが、

そもそもそれは可能なのでしょうか?

 

 

仮に祖父母が孫の監護者となることが可能とはいっても、

子どもの監護・教育に第一次的な責任を負うのは父母なので、

常に祖父母が監護者になれるわけではありません。

 

父母が子どもを虐待している場合のような、親権者に

そのまま親権を行使させると子の福祉を不当に阻害する

ことになると認められる特段の事情があるような場合に

限って祖父母を監護者に指定できると考えられます。

 

その意味で、祖父母が監護者となることができるのは

非常に限定的な場合に限られています。

 

離婚して子どもを引き取った親が、子どもの面倒を

自分の親にまかせっきりにするというのはよくありますが、

これは法的には、祖父母自身が子どもの監護者になって

いるわけではなく、祖父母は引き取った親の監護補助者

になっていると見ることができます。

 

このように祖父母が孫の監護権を主張しても困難なケース

が多いと思われます。

 

そのような場合には、祖父母独自の監護権を主張

するよりも、自分の息子または娘の監護補助者として

の役割を強調し、

孫の監護環境の安定という点からは父または母

のほうが親権者にふさわしい、と自分の息子または娘

に主張してもらい、自分の子どもが孫の親権者となれる

よう応援するほうが現実的です。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊