母性神話と母親の孤独

公開日: 

子ども8

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

ブログや掲示板には、子育てする母親の孤立感が

いかにきついか、という記事をよく目にします。

今は地域の自治体などではそういった母親に向けて

の公的サービスを色々と行っています。

しかし、それも知らないまま追いつめられてしまって

いるお母さんもいます。

 

また、子育てに対して、夫もそこまで協力的でないため、

ますます孤立感が深まっている現状もあります。

特に子育て世帯は地域のコミュニティから孤立しがちに

なります。

また、家のことで他の人たちに助けを頼むのは

であり、周りに頼むのがとてもつらいと感じている

お母さんは多いのではないでしょうか?

 

実際、子どもが熱を出したりしたときに誰に頼むかと

尋ねると、

7割くらいが実母、

お姑さんが4割

くらいで、公共の保育所とか、病児保育は2割程度と少なく、

子育て世帯にとって近所に身内や実家があるという

ことがいかに重要かがわかります。

 

そんなお母さんたち、みなさん真面目な方が多いのです。

それまで毎日毎日、仕事をやっていた人が仕事を辞めて、

子育てと全面的に向かい合います。

 

しかし、授乳前後で子どもの体重が増えるかどうかを

毎日測って、そのグラム数を記録したりするうち、

頭がおかしくなりそうになってしまったり、

子育てサークルに入ってはみたものの、そこはお受験系

でいたたまれなくなったり、幼稚園ママ同士だと、

子どもが同じ年なのでライバル関係になったりして、

息が詰まるなど。。

 

周りのママ友たちと比べてしまい、公的な支援があると

知っていても、それを利用してしまうと

「自分は母親として失格なんだ」と思い、できれば

利用したくないという方も多いのかもしれません。

 

 

◆「母性神話」で苦しむ母親

 2010年に大阪で風俗店に働く23歳のシングルマザーが

3歳と1歳の二児をマンションに置き去りにし、餓死させた

「大阪二児置き去り死事件」。

 

あのお母さんは、あれだけ孤立しているにもかかわらず、

そして夜のお商売で預け先なども紹介されているにもかかわらず、

結局、預けきれませんでした。

家庭内に公的なものが入ってきて、自分の日常に負荷をかける

ということ自体が、もう耐えられなかったようです。

 

ある程度納得してしまうと公的な支援を使いこなすことは

可能ですし、それだけの社会資源はあるのですが、

そういうことを良しとしない、またはできない状況にある

お母さんたちの見えない孤立状況はどんどん深まって

いるように思います。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊