親子・夫婦問題 「独立」することは「対決」すること

公開日: 

男性33

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

ここでいう「独立」とは、親やパートナーと正面から向き合い、

「対決」するということです。

 

ただし、この「対決」とは相手をやっつけるという意味ではなく、

十分に考えたうえで勇気を持って正面から向き合い、苦痛に

満ちた過去と困難な現在についてはっきり話をするということです。

 

しかし、これを実行するのはたやすいことではありません。

心の準備が完全にできた時、静かに、しかしきっぱりと

子ども時代や虐げられていた時の自分の身に起きた不幸な

出来事について相手に伝えます。

 

そして、それらの出来事がいかに自分の人生に害を与えて

いるかについて語ることになります。

また、相手との関係のどのようなところが現在の自分に

とって苦痛であり有害であるかについて、はっきりと示す

ことになります。

 

 

◆「対決」の真の目的は?

ここでいう対決の目的は、相手に復讐するためや

自分の怒りをぶちまけることではありません。

 

・相手と正面から向き合い、はっきりと話をすること。

 

・そのことへの恐怖心を、これを最初で最後のこととして

 勇気を出して乗り越えること。

 

・相手に真実を語ること。

 

・相手と今後、どのような形の関係を維持することが

 可能かを判断すること。

が真の目的です。

 

 

◆「対決」はなぜ必要?

相手と面と向かうことは強いプレッシャーがかかります。

しかし、はっきりと「対決」することは、心の最深部に

横たわっている恐れに顔をそらさず直面することになるので、

それだけでも、いままで圧倒的に親やパートナーのほうに

傾いていた心理的な力のバランスを変え始めることにも

なります。

 

もし、この方法を避け続けてしまえば、無力感や自分に

対する不十分感は無くなることはなく、自尊心も傷つい

たままです。

 

そして、なにより重要なことは、自分に負わされたものは、

その原因となった人間に返さない限り、それを次の人に

渡してしまう、ことになってしまうからです。

 

もし、親やパートナーに対する恐れや罪悪感や怒りを

そのままにしておけば、それを子どもたちやこれからの

人間関係の上に吐き出してしまうことになる恐れが非常

に高いのです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊