夫の浮気から浮き彫りになった男女の違いと子どもの問題 その1

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a712

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫44歳と専業主婦の妻44歳、

中学1年生、小学5年生、小学1年生の3人娘がいる5人家族。

 

ある時、夫の浮気が発覚。

夫は反省し、「浮気で妻を傷つけた。どこまで修復できるか

わからないけど、修復のためなら何でもする」と思っています。

 

妻は「離婚したかったけど自信がない。自分だって

不倫をして逃げれるものなら逃げたい」と感じています。

 

夫は妻を傷つけたことで落ち込み仕事も手につかない

状態となっていました。

 

 

◆子どもの問題で夫婦が協力

妻は、「夫婦で『がんばったね』と言うことがないのが悲しい。

お互いどんなことを考えているのかふれないできたので、

二人だけで話しても解決できない」、

 

夫は「妻は何もいいことがなかったと思い続けてきたのかなと

思うと寂しいし、申し訳なかった。自分は楽しい思いもしてきた」

とこれまでの結婚生活についてのズレを認識しました。

 

妻からは「元の関係に戻っても地獄。。

ただ、今は長女との関係に一番困っている」とのこと。

妻は父親として信頼できない相手を夫として信頼できない

考えていたので、緊急の課題である「子どもたちに親として

夫婦協力して対応する」ことを優先することにしました。

 

 

◆新婚のころ

夫は仕事が忙しく、夜遅くに帰ってくる生活。

休みの日もパソコンの前でネットを見ているだけ。

妻は「一人暮らしみたいだった」と寂しかったが

「仕方がない。妻としての務め」とあきらめました。

 

妻は自分の親のような

「感情的な父とそれに依存した母親」

のようにはなりたくなかったので、

夫との関係はがっかりしたものの、一人でいられる

ので良かった面もありました。

 

妻は以前は理系の専門職でしたが、

「身体も強いほうではないし、自分の性格上仕事と家庭

の両立はできない」と結婚と同時に退職しました。

夫は妻も働いたほうがいいと考えていましたが、家事の

分担までは考えておらず、実際には仕事が忙しく手伝う

こともありませんでした。

妻は、家事と子育ては自分の仕事と考え、完璧にしたい

と考えていました。

 

 

◆子育ての時期

小さい子どもたちを抱えて大変だったうえに、

長女とは小さい時からウマが合わず苦労していました。

しかし、妻は子育てに夫をあてにせず、一人で三人の娘たち

を育ててきました。

 

長女は小学校高学年になると、妻の言うことにことごとく

反発し、勉強もせず「許しがたいいい加減な生活態度」でした。

長女は家事を手伝うことに不満をもち、それは「母親の怠慢だ」

ととらえて反発しました。また生活態度について注意することが多く、

そのたびに長女との緊張を高めていきました。

 

妻は長女への嫌悪感を出さないために感情的に距離を置こうと

しましたが、それに長女は反応し、「私なんか嫌いなんでしょう!」

とますます荒れてしまったのです。

 

妻は長女の言動について我慢できなくなると夫に話しましたが、

夫は「放っておけばいい」言うか「気持ちを話すと解決策だけ言う」

ので、妻は「精神的な支えを期待してこなかったし、実際なかった」

と感じていました。

 

一方、夫は責任の重い仕事を任されていましたが、

「仕事のことは家に持ち込むまい」と一切話さないでいました。

お酒を飲むことで一瞬忘れるので、時に深酒して家族から

嫌がられていました。

 

その2へつづく

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊