産後のセックスレス 女性は赤ちゃんからスキンシップを得れるが、男性は…?

公開日: 

赤ちゃん1

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子どもが生まれると・・・

親になる喜び、家族が増える喜びなど大きな満足感や

安らぎを手にする一方で・・・

 

子どものためにお金がかかる、家事の量が増える、

夫婦二人で過ごす時間は少なくなる、

そしてセックスレスにもなり結婚生活に影響をもたらす

など新たなストレスを抱えることにもなります。

 

そもそも、女性は子どもが生まれ、授乳の期間は体内の

ホルモンバランスの変化から性欲が減退します。

また、夜中に頻繁に起きて授乳させなければならない、など

体力的なしんどさも加わるため、母乳で赤ちゃんを育てて

いる女性がが疲れてセックスができないと訴えているなら、

それは本当のことなのです。

 

また、男性にはわかりにくい複雑な要因として、

母乳を与えている女性の体内に、オキシトシという

気分を良くするホルモンが分泌されます。

 

これは抱擁ホルモンとか絆ホルモンとも呼ばれ、授乳期の

母親は赤ちゃんとのふれあいから幸福や温かみや親密さを

たっぷりもらっているので、それらを夫に求める気持ちに

なれないといったデータもあります。

 

女性は母乳を与えることでスキンシップへの

欲求がある程度満たされて、夫との性的なふれあい

に対する関心が薄れてくる。

しかし、男性は赤ちゃんからそのような満足感を

得られないので、妻に性的なふれあいを求め続けるが、

その目的が達成されないとストレス要因の一つになる」

といえそうです。

 

 

◆進化の過程でそうなっている

子どもの誕生後、性生活に不満を感じている

男性にいえるのは、

 

「妻がセックスをしたがらないのは夫を嫌いに

なったからではなく、何百万年にもわたり続い

きた進化の力のせい」ということです。

 

ある学者は進化論の中でこう述べています。

付き合い始めや新婚当初のようないわゆるラブラブ期は、

パートナーと夫婦の絆を結び、子どもをもうけて、

家族をつくるために発達してきた愛情です。

 

しかし、子どもが生まれた後も、パートナーとの激しい

ロマンティックな愛を持続させていたら、赤ちゃんの世話

おざなりになってしまいます。

もし母親がつきっきりで世話をしなければ、赤ちゃんは進化

の過程でライオンの餌になっていたことでしょう。」

 

女性の脳は子どもを放置しないように進化してきました。

そのため、女性は赤ちゃんを抱いたり授乳したしていると、

オキシトシンというホルモンの分泌量が増え、それによって

子どもに対して強い愛情を感じます。

 

それと同時に、テストステロンという性欲を増幅させるホルモン

の分泌量は、急速に減少していきます。

 

「母親は疲れて言い訳にしているだけではありません。

いうなれば薬物に影響されているような状態です。

夫婦の性的な結びつきよりも、母親と赤ちゃんの結びつき、

そして親としての結びつきを強化するように発達した、

進化のメカニズムによる影響が大きい」

とも言えます。

 

 

◆では、どうすればよい?

もし、性生活で夫婦が困難さや悩みを抱えているのであれば、

いわゆる「フルコースのセックス」を求めるのではなく、

ちょっとした接触(マッサージや一緒にお風呂に入るなど)

から始めてみてはいかがでしょうか?

それだけでもパートナーとの良好な関係を取り戻す手助けを

してくれます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊