子どもが生まれる前に知っておきたい!女性の愛情曲線について

公開日: 

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%933

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

2015年3月にタレントのスザンヌさんが離婚しました。

その離婚会見の中で、

 

「私も子どもが生まれるまでは彼が一番。

一生懸命に家事をやったり、がんばろうと思っていた。

子どもが生まれ優先順位が変わってしまい、自分のことだけで、

一生懸命になってしまった。」

 

また、

「夫は、気持ち的にもカバーしてくれたのですけど、

彼も子どもをかわいがりたかったと思うのですけど・・・

“ママじゃないとダメ”みたいな時あるじゃないですか。

そういう時に私が抱っこして泣きやんだ時とか、俺はどうしたらいいんだ・・・

みたいになったのかな」

 

と、おっしゃってます。

そして、気持ちが離れたまま、

仕事のため家族が離れ離れになり、

そのまま戻らなかった。。。

 

 

この夫婦の状態や気持ち、大変よく分かります!

修復するきっかけは何度かあったと思うのですが、

お互いそのタイミングを逃してしまったようですね。。。

 

 

◆男性が知っておきたい!女性の愛情曲線とは?

以前も、当ブログで紹介したことのある

「女性の愛情曲線」グラフ

 

↓↓↓

女性の愛情曲線

 

 

独身時代から結婚~出産~子どもの成長に合わせて、

子どもや仕事、夫、趣味の愛情度をグラフにまとめたものです。

 

ここで見てもらいたいのが・・・

結婚直後、妻の夫に対する愛情度はMAXを示していますが、

子どもが生まれることでその愛情は夫⇒子どへ移っていきます

 

そして出産直後を境に妻の夫に対する愛情度が

回復組低迷組に二極化します。

ここで、回復すれば、子どもが大きくなるにつれて、妻の夫への

愛情も元に戻っていきますが、、、

低迷してしまうと、その後、浮上することなく、夫婦関係は

冷え切ったまま、ただの同居人の存在となる可能性があります。

 

この違い、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

要は夫が、

「子どもが乳幼児期に夫が一緒にやってくれたか否か。」

 ということです。

 

子どもが生まれて・・・妻が変わってしまった。

自分の方をむいてくれない。

そう嘆く前に、妻が求めているのは何か?

男性はそこに気づく必要があります。

 

スザンヌさんのご主人だけではなく、特に男性の場合は

結婚=癒し、を求めるだけではなく

子どもが生まれてからの女性の変化を知っておけば防げる

ことは多いと思います。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊