夫の「いいとこ取り育児」と「育児参加」という意識

公開日: 

黒子男性

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

突然ですが・・・
母親がいないとき、父親と子どもだけ
過ごす

ことができるでしょうか?

・・・

週末のみやほとんど育児を妻にまかせっきりの

父親には、かなりハードルが高い内容です。

このように、普段から「ママのお手伝い」程度

しか子どもとかかわっていないと、、、、

 ↓ 

 ↓

 ↓

妻が病気で寝込んだときの子どもの世話、

どうやってすればよい?

 

子どもと自分だけで出かけることはもちろん、

子どもと一緒に留守番することさえできない…

 

という悲劇が待っています。

いわゆる「週末育児」で、週末だけ子育てに

参加して、ふだんは育児にかかわっていない

パパにありがちな現象で、

 

「中途半端に手を出して、やってやってる

みたいに恩着せがましくいわれるなら、

やってほしくない!」

 

と思っているママも大勢いるようです。

 

あるパパは、

「ママに頼まれて保育園に初めてお迎えに行ったら、

誘拐されるみたいに子どもが泣き叫んで困った・・・」

と苦笑されている方もいらっしゃいました。

 

ふだんからやっていないことを急にやっても、残念ながら

子どもは認めてくれません。

 

ママが病気になった・・・

仕事の都合でお迎えに行けない・・・

 

このような理由で「即ピンチ!」を迎えるようでは、

父親として家の危機管理に対応できないのです。

 

 

◆「いいとこ取り育児」と「夫の育児参加」という言葉

それまで、

「おむつ替えをしたことない」

「子どもの身の回りの世話を何もしていない」

のに、

絵本を読んだり、、、

おもちゃで遊んだり、、、

といった遊びの部分でのみ子どもとかかわろうとする・・・

 

↓ ↓ ↓

いわゆる「いいとこ取り育児」をやろうとするパパは、

残念ながら、子どもから「ママがいい~」

言われてしまいます。(私、言われました。。。)

 

また、週末育児で、週末だけ子育てに参加している

という意識のパパ。

育児は参加するものではなくて、

ママと一緒にやる』ものなのです。

 

これは、ふだんは育児にかかわっていないのに、

「イクメン」 を自負しているパパにありがちな

現象です。

1週間7日のうち、七分の二だけの「週末育児」

ではなく、七分の七、ちゃんと子どもにかかわる

ことで、子どもはパパを家のレギュラ―メンバー

として認めてくれるはずです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
 行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 

『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊