離婚するか悩んでいる方に読んでほしい子どものこと

公開日:  最終更新日:2017/07/19

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%ef%bc%95

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

今月、長女(9歳)の親権を巡って別居中の夫婦が

争った判決が最高裁でありました。

ライブドアニュース

 

妻は2010年5月に2歳の長女を連れて実家へ戻り、

の後、何度か電話や面会はあったようですが、

2011年春頃から交流は断たれたままでした。

 

一審では父親に親権を認めましたが二審ではそれが

覆がえり、妻を親権者と認めました。 

そして今月に最高裁は夫側の上告を受理しない

決定をし、母側を親権者と認めました。

 

2010年に起きた離婚問題から実に7年以上経っています。

また、当時2歳だった娘も既に9歳と大きくなり時間ばかりが

失われている状態です。

 

 

◆離婚後も続く養育費・面会交流の問題

 

離婚の際に、子どもの件で問題となるのは、

①親権を父母のどちらがとるか?

②養育費をどちらが、いくら支払うか?

③子どもを育てていない親に子どもとの

 面会交流をどうするのか?

があります。

 

夫婦間で離婚が問題となるときに、子どものことを理由として、

離婚の話し合いが難しくなったり、争いが深刻になったりする

ことは少なくありません。

 

離婚したくても、子どもの将来のこと、子どもを連れての生活

のことを考えて離婚を思いとどまることも多いでしょうし、

離婚したいと言われた相手も、親が離婚した子どもを

不憫に思い、離婚を拒否するケースもあります。

 

そして、離婚する前にすでに夫婦が別居していて、の際に

子どもと別々になっているときは、子どもと一緒に暮らしている

親に対して、他方の親から子どもを引き取りたいと言われること

あります。この子どもの引渡しが問題となることも多く、

 

①突然、子どもを連れて家を出た親に対し、残された親が

 子どもの引渡しを求める場合。

 

②子どもをおいて、家を出た親が、残された子どもの

 引き渡しを求める場合。

 

③別居して子どもと暮らしていたところ、他方の親が

 保育園などから勝手に連れて行った場合。

 

など、さまざまなケースがあります。

 

しかし、こうした子どもの引渡しの問題に決着が

ついたとしても、子どもをめぐっての両親の次の対立とし

子どもと別々に生活する親と子どもとの面会交流の問題

が生じます。

 

こうした、子どもをめぐっての問題は、近年の少子化の影響

などもあり、両親の子どもへの関心、特に父親の関心が以前

より高まり、夫婦の離婚の際に、親権者の決定、子どもの引渡し

から、面会交流まで長い間、対立状態を続けるというケースも

増えています。

 

安易に子どもを連れ去ったり、自分たち夫婦のことばかりを

紛争の中心に考えてしまうと、子どもにとって深い傷を残して

しまうことになってしまうのです。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊