男は理性的で女は感情的というのは本当か?

公開日: 

%e3%83%90%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%81

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

一般的に男は理論的かつ理性的、

対して女は感情的かつ感性的な生き物だと言われます。

 

また社会に出て仕事をする際、

「女は感情的ですぐ泣くからダメだ!」とか

「感覚的な言い方をされてもわからないんで、きちんと説明して欲しい」

と女性たちは男性たちによく言われます。

 

そんな女性たちも

女は何かがあると感情的になって泣くから、仕事にならない」

言われるのが悔しいので涙をガマンする一方、

「泣けば道理が引っ込んで無理が通る」

という、感情を武器に変える方法も知っています。

 

 

◆じゃあ、男は感情的にならないのか?

女性はどちらかというと感情的になりやすい。

では、男性はどうなの?

男性の場合、「自分自身を感情的だと思っている人」

はほとんどいないでしょう。

 

「オレはどちらかと言えば論理的で、物事を決定するときにはほとんど

感情に左右されないし、喜怒哀楽は抑制していていつもクールだから」

 

というのが自己認識であり、いやいや、あなたは感情的な男だと

言おうものなら、目ん玉ひんむいて怒り狂ったりします。

男性にとって感情的という性質は、かなりプライド

傷つけられる言葉のようです。

 

これらの背景には、論理と理性で成立している実社会で

勝つための教育をされてきた男性にとって、

「感情的」という考え方はネガティブに感じてしまうのです。

 

幼い頃から競争を意識しながら生きる男性にとって

「感情的」な考え方はむしろ邪魔な存在だと刷り込まれて

いるのです。

 

 

◆しかし、駅などでキレる人はほとんどが男性という現実

電車の中や人混みでとんでもない暴言や行為をしているのは、

ほとんどが男性です。キレるというのは感情を爆発させ、

制御できなくなった状態を示しています。

 

それは、いつも抑え込んで無いことにしていた男の感情が、

何かをきっかけにマグマのように噴出しているかのようです。

肘がぶつかったとか、ヘッドホンの音が漏れてうるさいとか、

公共の場でキレまくっている男性は大勢います。

またこれらの男性の多くは年配者です。

 

これは、加齢による脳の影響という見方もできますが、同時に

些細なことで男が人前で感情をあらわにすることは、恥ずかしい」

というモラルが以前よりも薄れているようにも見えます。

 

また、キレることでアドレナリンが放出され、店員は謝るわ、

みんなが注目するわ、などキレることはある意味、快感

もたらします。

特に年配男性は、かつて部下や下請けに向かって、

説教や正論をぶちかましていたときの快感をもう一度、

味わうことができるし、何より組織権力の中にいたこと

により「威張る」ことの快感を知っいるだけに、

タチが悪いとも言えます。

 

そんなオジサンたちに「あなたは感情的ですか?」

と尋ねると、ほとんどが「俺は理性的だ」と答える

しょう。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊