夫婦修復 男と女の考え方には違いがある!

公開日: 

けんか

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「お互いが好きになり結婚し、子どもが生まれ

これからますます家族として絆を深めていきたい…」

 

と思っているのに、現実には年数が経つごとに険悪になっていく

ご夫婦が多くなっています。どんなご夫婦でも、最初のころは

相手を男性・女性として思いやり接してきたはずなのに。。

 

しかし、長年、一緒に暮らすことで相手への要求や依存が

大きくなると、忘れがちになることがあります。それは、

男性と女性は根本的な考え方が違う!

ことです。

 

 

◆自分を基準とした考え方

一緒にいることが当たり前になると、

 

「○○のように考えて当然だろう」

「あの人は○○すべき」

 

自分を基準とした考え方を持ってしまいます。

また、よく男性は「プロセスよりも結果重視」と言われますが、

女性は「結果よりもプロセスを重視する」と言われています。

 

特に男性の場合、職場や仕事では結果論重視で通用するかも

しれませんが、これを家庭にそのまま持ち込んでしまうと

当然ながら、通用しません。

それどころか、女性の口撃に男性はプライドをケチョンケチョン

にされるのがオチです。

 

「あいつは○○だから・・・」

「あの人は全然分かってない・・・」

と怒りをため込む前に、

 

「男性と女性ではそもそも考え方が違う」

ことを理解した上で相手のことを考えていったほうが、

まだ楽なのです。

 

 

◆では、男性と女性はどこか違うのか?

男性の特徴は…

「女性が思うよりはるかにプライドが高い存在」

 

そのことに女性たちは意外と気がついていません。

その男性の気高いプライドをズタズタに傷つけ、再起不能

になるまで追い込んでいるような女性も多くいます。

 

では女性は…?

「しっかり話を受け止めてほしい存在」

 

妻が何か言おうとしても、しっかり最後まで聞かずに

すぐに分析したり自分の意見を並べ立てる夫が多いのも事実。

受け止めてくれていると感じたい妻の気持ちがよくわかって

いないことが多いのです。

 

『男性は女性が思うよりプライドが高く、

女性は男性が思うより受け止めてほしい話を聞いて欲しい存在』

思いやりが持てなくなる前に、この違いを理解することが

修復の第一歩です。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊