男の自立 自分のパンツは自分で選ぶ!

公開日: 

朝ごはん

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

 ◆自立の3点セット

 

自立の概念でいうと、

①経済的自立

②精神的自立

③生活的自立

これらが自立の3点セットとして考えられています。

 

そして、女性が自立を求めたとき、

②精神的自立 

③生活的自立

は比較的満たしていることが多いのですが、

 

 逆に男性の場合は、

①経済的自立 は満たしていても、精神的には妻や母親に

どっっぷり依存し、そのうえ、家に帰ったら何ひとつしない、

できない。。。

 

特に昭和世代の方やアラフォー、アラフィフの男性には

こういった方を見かけます。

しかしながら、これが、35歳未満の男性世代になって

くると、「料理ができる」ことは女性にモテるための

条件の一つになっていることもあり、生活的自立を

満たす男性も増えてきました。

 

 

◆自分のパンツは自分で選ぶ!

男性の場合)

男の子が母親から最初に与えられるパンツは

白いブリーフ。

 ↓

思春期になって仲間の前で着替えをするようになると、

柄物のトランクス(私の時代では…)に変わります。

 ↓

結婚して再び下着が妻の管理下に入ると、

白いブリーフ に戻る男性もいます。

 

 

そう考えると・・・

私たち男性は、女性の選択によって

パンツを管理されている!(一概には言えませんが…)

 

ましてや今日はくパンツをいつも妻が準備している。。。

そういった方はもういないとは思いますが、

やはり自分の身に付けるものくらいは自分で

決めたいものです。

※但し、いきなりパンツを選び出すと浮気と勘違い

されることもあるので、事前に 説明した方がよいでしょう。  

 

 

◆食のライフラインを確保する

男性がひとり暮らしをするのに難しいと考えられているのは、

出されたものを食べることはできても、

自分でそれをつくることができない

からだと言われています。

 

逆に、男性がこの「食の自立」さえできれば、ひとり暮らし

継続できる ケースが多くなるとも言えます。

そういう意味では、最近では、家事能力が低くても コンビニ弁当

やスーパーなどの惣菜、調理済みの料理などは男おひとりさま

にとって心強い味方になってくれます。

 

離婚するにせよしないにせよ、男性にとってこの

「生活的自立」 は生きていく重要な項目です。

妻の料理に文句をいったりケチをつけたりする前に、

その依存から脱却して自ら自立してみましょう。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊