子どもに会いたい… 子の連れ去り

公開日: 

男性1

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


Aさんがある日出張から帰ると、いつも玄関先まで走り

寄ってくる娘の姿がありませんでした。

玄関を開けると家の中はもぬけの殻。

 

妻と子どもだけでなく、荷物も一切合切 消えてなく

なってました。

心当たりに電話してもわからず、警察に行って探して

もらうおうとすると、「捜索願は受け取れない」

と言われました。

 

数週間後、家庭裁判所からの呼び出し状が届きます。

 

 

◆調停では…

わけもわからないまま、Aさんが家庭裁判所の調停に

出席すると、調停委員からは、

「奥様が、離婚するまであなたに娘を会わせられない」

と言っていると伝えられます。

 

離婚は妻との間のことなのに、子どもを巻き込むなんて

おかしいと調停委員に言っても、なかなか聞いてもらえません。

 

捜索願が受理されなかったのは、相手方からDVの申し立て

がされていたからだとわかりました。

Aさんにはどう考えても心当たりがありません。

娘に会わせない理由も教えてもらえません。

 

 

◆子どもにあえるのは月1回のみ、しかし…

調停は月に1度しか開かれず、その間に裁判所に夏休みが

あったりして、時間ばかりがたちます。

それでも「裁判所なんだから道理を言えば通じるはず」

と思って交渉を続けました。

 

結局、Aさんは月に1度の面会の約束をして離婚を受け入れ

ました。小さいころから娘の世話を妻同じようにしてきた

Aさんにとって、信じられないような回数です。

ところが裁判所は子どもは母親が見るのは当たり前で、

それが子どものためと言うのです。

 

娘と会えなくなってもう1年が経っていました。

子どもと引き離されたショックで仕事も手が着かず、

一時休職して復職後も前の職場とは違うところに配属されました。

 

それでも、別れた妻の要求通り、養育費を払っていました。

ところが娘と会う約束の日、元妻からは

「子どもが会いたくないと言っている」

と伝えられ、会うことができません。

 

その後も、

「子どもが熱を出した」

「子どもの習い事がある」

などの理由でなかなか娘と会うことができません。

 

しかし、それを確かめるすべもないのです。

いつまでこんな状態が続くのでしょうか・・・。

これが離婚したAさんの日常です。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊