知っておきたい!財産分与の対象となる財産・ならない財産はどれ?

公開日: 

黒子男性

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

 

◆夫婦が協力して取得した財産=共有財産

離婚の際、財産分与の対象となる財産は、

「婚姻期間中に夫婦が協力し合って築いた共有財産のすべて」

です。

一方の名義になっていても、分与の対象になります。

共有財産には下記のものがあります。

 

・現金、預貯金

・有価証券(株券、国債など)、投資信託

・不動産(土地、建物)

・家財道具、自家用車

・骨董、美術品、高額な宝石・着物

・ゴルフ会員権

・保険、保険金

離婚前に満期が来た保険金は対象、

 満期が来ていない場合は、解約返戻金の額を入れます)

 

・退職金(年金)

(退職金は退職前であれば、支払いが確定している場合)

 

・負債

(住宅ローンなど、夫婦が生活するためにできた借金)

 

 

◆財産分与の対象とならない財産=特有財産

結婚前から所有しているものや、結婚前に貯めていた貯蓄、

結婚後に父母などから相続したり贈与された財産などは

個人特有のものなので財産分与の対象となりません。

具体的には…

 

・結婚前から所有していた財産

・結婚後、父母などから贈与された財産、相続した財産

・日常的に単独で使用するもの

(洋服やアクセサリー、時計、バッグなど。

 ただし、高額な時計や宝石など、その取得や維持に

 他方が寄与しているといえる場合は財産分与の対象となります)

 

・結婚前の借金

(結婚後でも、ギャンブルや浪費により勝手に作った

 借金は財産分与の対象となりません。)

 

・別居後に各人が取得した財産

 

 

財産分与は、まず対象となる財産にはどのようなものがあるのか?

そしてどれくらいの額になるのかを出す必要があります。

対象となる財産には、預貯金などのプラスの財産とともに、

住宅ローンなど夫婦共同生活の中で生じたマイナスの財産

リストアップし総額を算出し話し合いをしていきます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊