夫婦問題を複雑にする「母と娘」の関係

公開日: 

女性3

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫婦問題を複雑にしている原因の一つに、

「妻とその母」との関係があります。

 

実家依存していて自立できない娘と子離れできない母、

また、非常に抑圧的な母親のもとで苦しんでいる娘、

などです。

 

周りからは一見仲が良さげにみえる母娘の関係であっても、

ふとしたはずみで水面下のドロドロした部分が目に入って

しまう場合もあります。

 

マザコン夫という言葉は以前からあり、それが離婚問題へと

発展するケースもありましたが、最近ではこの「母と娘」

の関係に悩む夫の姿をよく目にするようになっています。

 

しかし、ほとんどの男性は、こうした「母と娘」の問題が

存在することすら気付いていません。

例えば、「嫁姑関係」などはある程度想像できても、

「母娘関係」のややこしさにまでは想像力が及ばないので、

共感しづらいのです。

 

 

◆男性には分かりづらい母と娘の関係

母と娘の関係がわかりづらい一つが、「女性らしさ」です。

女性は成長の過程で母親から「女性らしさ」をしつけられます。

これは父親には到底、困難で、母親でないとできません。

 

同時に娘は「女性らしい身体」に変化していくので、

母親は無意識的に娘の心身体を支配することでしつけが

開始されることになります。

この点が、男性にはわかりにくい点なのです。

 

 

◆母から娘へ3つの支配

母親による娘の支配は、主に

「抑圧」

「献身」

「同一化」

の3つがあります。

 

 

まず「抑圧」とは、例えば、母親が

「あなたのために…」

「よかれと思って…」

と娘に対して発する言葉です。

 

しかし、これらの言葉の多くは、母親自身が自らの葛藤を

通じて作り上げてきた言葉で、多くは、娘のためではなく

自分自身のため、また母親自身を語るために使っている

ことがあります。

 

これらの言葉は、娘たちが子ども頃から心や体にインストール

されています。なので、娘たちが母親を否定しようにも、

子どもの頃から埋め込まれた母の言葉の影響で抜け出せなく

なってしまいます。

 

 

次に「献身」という支配は、例えば、娘の学費を稼ぎだす

ために身を粉にして働く母親、また、娘が自立してからも、

頻繁に連絡を取ってはアドバイスしようとする母親などです。

 

これらの「支配」は息子にはほとんど効きません。

それは、母親の献身に対して、息子はほとんど罪悪感

感じないからです。

 

 

「同一化」とは、母親が娘に「自分の人生の生き直し」

を求めることです。よく言われる「姉妹のような母娘」や

「友達母娘」はその傾向がみられると言えます。

 

 

◆支配から抜け出せるのか?

母親の支配に娘が気づき、その支配から逃げ出したい!

と思っても、そう簡単ではありません。

 

特に抵抗したり、逃げ出したりした娘は一時の解放感は

ありますが、同時に強い罪悪感も抱え込みます。

なので、母親からひどい扱いを受けながらも、母親の元に帰って

いく娘たちも多くいます。

 

これらの問題解決は難しいところですが、

一つは「問題の存在に気付くこと」です。

 

気付くことで物理的にも精神的にも少しでも

離れることができます。

また、母娘の二人の関係はしばしば閉じた状態に

なりやすいので、本人が気付いた時に、父親やパートナー

など「第三者の介入」も有効となります。

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊