増えている妻からのモラハラ 被害を解決するためには…?

公開日: 

苦しむ男性

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

最近では、妻からモラルハラスメントを受けている

男性からの相談が増えています。

 

このような家庭内でのモラハラ、この加害者と関わって

しまったら、その経験から得るところは何もありません。

せいぜい、自分自身のことがいくらかわかるようになる

くらいなのです。

この問題を解決する最終的な方法は相手と別れることなのです。

 

 

問題解決としては、

①自分がモラル・ハラスメントの被害を受けていると認識する。

②相手と対立する。

③信頼できる人を見きわめる。

④法律に訴える。

です。

 

 

◆①モラハラであると認識する

被害者がまず最初にしなければならないことは、加害者によって

責任がすべて自分に押し付けられていたことに気付くことです。

それから自分が感じている罪悪感はとりあえず脇において、

この問題を冷静に分析してみることです。

 

そのためには、相手に寛容になりたいという自分の理想を捨て、

自分が愛している(または、かつて愛した)相手は性格的に

障害を持った危険な人物だと認識して、何があっても自分

身を守らなければならないと考えを改める必要があります。

 

被害者が加害者の支配から抜け出さない限り、

身を守ることはできません

 

また、加害者にどんな感情を抱いていたとしても、加害者が自分にとっ

危険で、悪意のある存在だと認める必要があります。

 

加害者から非難されたときに、被害者は弁明をする必要はありません。

弁明をしたとしても、揚げ足を取られたり、ミスをつかれたり、あるいは

善意までねじ曲げられて、結局は新たな攻撃の材料に使われてしまいます。

一番いいのは黙っていることです。

また、加害者は相手の言ったことは間違いだと思っているので、

何を言っても疑いを抱きます。時には相手の言葉を悪意に解釈したり、

嘘ばかりつくと相手責めることもあります。

 

こうしたことを考えれば、被害者は相手と話し合ったり、弁明したり

しようとない方がいいのです。

もし、相手と話す必要があれば、第三者を仲介にたてるべきであり、

どうして直接、言葉を交わさなければならない時は、どう対応するか

時間をかけてゆっくり考えてみることです。

 

 

◆②相手と対立する

加害者に支配されていたせいで、被害者はそれまで相手とうまくやろうと

努めすぎていたところがあります。

なので、モラハラに被害から身を守ろうと思ったら、ここは対応の仕方を変え、

対立を恐れず断固とした態度で臨む必要があります。

 

被害者の態度が変わると、最初のうち加害者は攻撃を激化させ、

ますます挑発してきます。そうやって相手に罪悪感を持たせよう

とするのです。

 

「あなたには同情心というものがないの?」

「あなたみたいな人間とは話をすることができない」

 

そんなことを言ってきます。

しかし、ここでためらってはいけません。被害者は身動きできない

状態から抜け出し、相手との間に対立を引き起こさなければなりません。

状況を変えるためには被害者が行動にでるしかありません。

 

そしてこの対立は支配から抜け出すきっかけとなって、被害者に活力

を取り戻させます。

 

事態を解決するためには、また少なくとも改善するためには、

相手と対立しなければならないのです。

 

その時期が遅くなるほど、支配から抜け出すためには激しい対立が

必要になります。

 

 

◆③信頼できる人を見きわめる

被害者は相手に対して心理的に抵抗しなければならなくなります。

しかし、それをするには誰かの支えが必要です。

 

しかし、逆に言えば、どんな状況にあろうと、たったひとりでも

被害者を支持してくれる人間がいれば、被害者は自信を取り戻す

ことができます。

 

しかし、ここで注意すべきは、家族や友人、あるいは仲裁に

入ろうとする人たちの助言です。

そういった人たちは自分自身、加害者に影響されている可能性

があり、中立的な立場で助言をしているとは限らないのです。

 

ちなみにモラハラの被害を受けると、まわりの人間のうち

誰が本当に信頼できるのかわかることが多く、たとえば、

身近に思っていたある人はその人自身が加害者に操られていて、

被害者の言うことを疑い、逆に非難したりします。

 

また状況がまったくわからない人々はこの問題に関わろう

とせず、逃げることを選びます。

 

そういったなかで、本当に信できる人は、

被害者を裁くことなく、いつでも役に立とうとそばに

いてくれる人です。

何があろうと、自分自身でいることができる人です。

 

 

◆④法律に訴える

モラハラの状況から逃れようと思ったら、一番良い方法は相手との接触

を断つことです。結婚している夫婦であれば離婚という選択肢があります。

お互い話し合いによる協議離婚は困難になるため、調停ど法律に頼る

ことになるでしょう。

 

法的な判断はあくまでも証拠もとに行われます。

しかし、モラハラの場合は証拠を取っておくことが難しく、

またそれを証明することも困難なケースが多いのも事実です。

 

日々の日記や相手から発せられた悪口、中傷、態度などは

メモ程度でもよいので記録に残しておくことです。

それらは離婚理由を証明する際、証拠となりあなたを守ってくれます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊