離婚した子どもの相続権の問題

公開日: 

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%904

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫婦は離婚によってお互いの相続権を失います。

婚姻期間にかかわらず、離婚した次の日に相手が亡くなった

としても相続はできません。

 

しかし、子どもの場合は父母が離婚し子どもがどちらかの戸籍

に入ったとしても親子の血縁関係は継続しています。

なので子どもには父と母それぞれからの相続の権利があります。

 

これは、子どもを引き取った親が再婚し、その再婚相手と子どもが

養子縁組した場合でも変わりません。

 

また、別れて暮らす親が再婚し、再婚相手との間に子どもが生まれた

場合でも、相続権にいっさいの変更はありません。

実子としての相続分は再婚によって生まれた子(異父きょうだい・異母きょうだい)

同等です。

 

 

◆マイナスの財産の相続

相続の対象となる財産には、預貯金や現金、不動産といった

プラスの財産とともに、借金やローンといったマイナスの財産

含まれます。

 

別れて暮らす親でも、借金を残して死亡した場合は、子どもは借金も

財産とし、借金の返済義務を負うことになります。

またプラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多い場合も考えられます。

 

 

◆「単純承認」「限定承認」「相続放棄」

死亡した親の残したプラスの財産もマイナスの財産も合わせて、

いっさいの権利と義務を引き継ぐことを「単純承認」といいます。

相続開始後3か月以内に単純承認の意思表示をするか、

何も手続きをしなければ単純承認したとみなされます。

 

マイナスの財産を引き継ぎたくなければ「限定承認」「相続放棄」

の制度を利用します。

 

「限定承認」債務などのマイナスの財産は引き継いだプラスの

財産の限度内で弁済する、という承認です。

マイナスの財産を弁済した後に財産が残れば、それを相続することができます。

 

プラスの財産がマイナスの財産より多いか少ないか、すぐには

判断できない場合に適しています。

 

遺産相続を辞退したい場合は「相続放棄」の手続きをとります。

相続放棄は、相続に関する一切の権利も義務も放棄することで、

最初から相続人とならなかったとみなされます。

 

 

◆3カ月以内に手続きを

「限定承認」相続放棄」の手続きは、自己のために

相続が開始したことを知った日(通常は相続開始日または親の死亡日)

から3か月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければいけません。

 

また、相続放棄は単独で申し立てができますが、限定承認は相続人全員

が共同しての申し立てしかできません。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊