性格の不一致は「性の不一致」? その2

公開日:  最終更新日:2017/10/30

ビジネスマン

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

※その1からの続き。

 

性格の不一致から離婚が引き起こされるケース

 

◆結婚後10~15年以内の離婚

この層には大きく分けて、2つの問題が出てきます。

 

一つは「不妊」の問題から、性格の不一致に至る場合。

男性側に原因がある不妊の場合は離婚に至るケースは比較的少ない

ですが、女性側に原因がある場合、夫がよそに子どもを作って

しまって離婚に至るというケースもあります。

 

子どもを欲している夫婦は結婚後3年前後でも妊娠しない時には、

早めに治療を始めることが大切です。

自然に任せ、5年も6年も放っておくと、妊娠の可能性はますます

低下してしまいます。

 

また、長い期間不妊治療を行ったりすることは、

お互い非常なストレスとなり、つまらないことで妻とケンカをしたり、

気持ちの行き違いが生じて、性格の不一致まで進んでしまいます。

 

 

二つ目の問題点は、子どもの教育から生じる場合。

この時期は、子どもの教育にウェイトをかけざる得ない時期

でもあります。夫が自由業であるとか、日中一緒にいる時間が

多い家庭では夫婦で話し合う時間も取れますが、それでも

「教育」は妻が背負い込む部分が大きいのです。

 

 

女性はどうしても周囲の影響を受けやすく、いつも安全圏

にいたいという気持ちが強い傾向にあります。

このため本質的なことを大切にするよりも、世の中の流れを

重視しがちになります。他人の子どもが塾に行けば、

自分の子も塾へということになりがちで子ども本来の

気持ちを尊重する事はあまりありません。

 

子どもの教育に関して、夫と妻の意見が違った場合、

ひと昔前は夫の意見が最終的には通っていましたが、

現代はむしろ逆になっているため、妻が自分の意見を通すケースが多い。

 

その結果、子どもにとってよいものであればいいのですが、

裏目に出た場合、妻は必ず夫に助けを求めてきます。

夫としては、「だからあの時、こう言ったじゃないか!」

という思いが心の底に残ります。

 

 

このように子どもの教育を介在にして最後には、

性格の不一致というところまでつながってしまうです。

そうなると、もちろんセックスもうまくいかなくなってくる、

ということになります。

 

 

本来夫婦とは、お互いに性的欲求の対象であるべきなのに、

互いのわずかな行き違いから溝が深くなり、

性格の不一致からお互いの存在が何ら性的な存在では

なくなってしまうことが、性の不一致につながってしまうのです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊