離婚後、子どもに会えなくなった父親のはなし その1

公開日: 

父親1

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。  

 

 

ある夫婦のおはなし・・・

二人は友人の紹介で知り合い、9年前に結婚しました。

妻は、結婚当初から夫に対し文句を言うことが多く、

よくケンカをしていました。

 

ただ、その内容は・・・

・タバコをやめると誓ったから結婚したのに、

 その約束をすぐにやぶった。

・脱いだものを片付けないので子どもの教育上よくない。  

など、些細なことでした。

 

 

そして、 夫婦関係が決定的に悪くなったのは、

次男が生まれた頃からです。

 

 妻は、二人の男の子の育児に追われ、  

「忙しい」

「疲れている」

と言って、 夫婦関係を拒否しました。

夫のほうから何度か誘ったのですが、そのたびに断られ、

離婚するまでの三年間は、セックスレスの状態が続いていました。

 

 

彼女は、もともと外交的な性格で、専業主婦は性に合わないらしく、

家にいるとイライラする、夜もよく眠れない・・・

と こぼしていました。

そして、 精神的に安定するからと言って、下の子どもを

保育園に預けて パートに出ました。

 

「子どもが小さいうちは、家にいてほしい」

と夫は言いましたが、  

「女性にも生きがいが必要、今は女も働く時代だ」

などと反論されてしまいました。

 

そして、 そのころから、妻の様子がいつもと違ってきました。  

家にいるときはいつでも携帯を気にしていて、 しょっちゅう

メールをやりとりするようになったのです。

 

昨年の暮れに、彼女は職場の忘年会で帰りが遅くなり、

酔って帰ってきました。

その晩、深夜に誰かとひそひそと携帯で話していたので、

気付かれないようにそばに行って耳を澄ませたら、

 「また、連れて行ってね」いう甘いささやきが聞こえました。

 

 

相手は誰なんだ!」

 と夫が詰め寄ると、職場の上司だと言い、  

「あなたよりも私のことをわかってくれる。あの人と一緒になればよかった!」  

と開き直りました。  

 

そうしたら、また、携帯が鳴って、彼女がそれを耳元に持って

行ったので、 夫がそれを叩き落とそうとしたら、妻の肩に手が

当たってしまいました。  

その途端に、反対側に倒れて、肩がソファーのかどに当たった

ようで、 妻は首を痛めたといいだしました。

 

翌日、病院に行って、診断書を取ってきました。

むちうちで1週間だと言われたようです。 夫は、そんなに強く

たたいたつもりもないし、あり得ない、と思いました。

 

その2へつづく。  

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊