財産分与 子ども名義の預貯金は?

公開日:  最終更新日:2017/11/21

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%904

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子ども(未成年)といえども、親とは独立した人格をもっているので、

子どもが両親または祖父母等から贈与を受けたものは、その子どもの所有

であり、これを両親が勝手に使うことはできません。

 

しかし、両親が自分たちの財産を子ども名義で預金しているという場合も

あります。

 

 

◆子ども名義の場合は?

このような場合は、財産分与の対象財産となり、子ども名義の預貯金は、

夫婦が婚姻中に形成した財産ということになります。

子ども名義の預金については、それがどのような性質の預金であるか?

を見極める必要があります。

 

 

◆生命保険・学資保険は?

生命保険、学資保険、損害保険には、契約内容によって解約すると

解約返戻金が発生するものがあります。その場合には、財産的価値があるので、

財産分与の対象となります。

 

これについては、通常、別居時の解約返戻金が対象となり、保険会社に

照会すれば金額等を教えてもらえます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊