子育ての権限を譲らない妻とやる気をそがれる夫

公開日: 

チンパンジー

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子どもが生まれると、妻は家事の負担が増えて、

収入を得る仕事の量を減らさざるをえなくなる

ことが多くなります。

 

しかし、夫は家事の負担が少し増えるものの、

以前と変わらずに仕事をするか、むしろ仕事の量

が増えたりします。

 

そうなると、妻は家事や育児への夫の参加

足りないと腹を立て、夫は長時間労働のせいで

家族との時間をもてず、どうにも身動きが

とれなくなってしまいます。

 

 

◆妻が子育ての主導権を譲ることも大事

夫にもっと子どもと関わってもらって、父親として

の仕事の分担を増やしたいと妻は思っています。

しかし、そのことを「やってよ!」と夫に頼むだけ

では十分ではありません。

夫が父親としての仕事をより上手にこなすためには

妻からのサポートが不可欠なのです。

 

また、「夫が家事や育児に手を貸そうとすれば、

妻は当然それを歓迎する」と思われがちです。

 

しかし、現実にはそうとも言えません。それは、

多くの母親たちが子育ての権限を譲らない傾向

あります。

しかし、それが母親自身にかかる子育てのストレス

増やしてしまっています。

 

女性たちは夫が助けてくれないと不平を言いますが、

いざ夫が手を貸そうとすると無意識に脇へ追いやり、

お風呂の入れ方やおむつの替え方などの細かい部分に

あれこれ口を出して、知らないうちに夫のやる気を

失わせていることが多くあります。

 

 

◆自分のやり方でないと認めない

例えば、よそいきの服のままで子どもを遊ばせたり、

左右が違う靴をはかせたりする夫に対し、妻は夫

何度もたしなめました。

母親なら誰でも、妻の不満に共感できますが、

たしなめられた夫はかなりやる気をそがれて

しまいます。

 

また、妻が外出して戻ったら夫が子どもとテレビゲーム

に夢中になっており、それをみた夫を叱るなど。。

 

妻としては、子どもたちに本を読ませたり、

外で遊ばせたりしたかったのでしょう。

しかし、自分のやり方と違うという理由だけで、

夫の子育てを批判するのは本当に正当なのか?

という疑問が生じます。

 

子育てへの父親の関わりをもっとも大きく左右

するのは、父親の子どもに対する気持ちだけではなく、

妻との関係性が大きく左右しています。

 

妻が子育ての権限を少しゆるめて、夫が子どもと

テレビゲームに興じているなどもなにもかもひっくるめて、

自分のやり方で父親としての務めを果たしているのを認めれば、

夫は妻と一緒に子育てに参加することにもっと幸福を感じますし、

もっと子どもたちと関わるようになるはずです。 

 

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊