孤独感が強いのは夫といるとき…

公開日: 

%e5%a5%b3%e6%80%a716

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「夫といるときに孤独感を強く感じる。。」

一緒にいても、話をしていても、お互いの気持ちが

通じ合わないと感じている妻が増えています。

 

◆会話がかみ合わず、話したくない。。

会話には、自分が感じたことに共感して欲しいという

願いが込められているものです。期待外れの応答は失望感

を生みます。

 

そうしたやりとりが日常化すると、妻は

「夫に話をしてもしょうがない」という気持ちを

持つようになっていきます。

 

 

≪例:期待する答えが返ってこない。心が冷えるコミュニケーション≫

妻:今日は疲れた。

(情緒的な答えを期待しています)

 

夫:何か仕事でトラブルがあったのか?

(内容的な問いを返します)

 

妻:〇〇さんと意見がぶつかって。。

(夫の答えに合わせ始める)

 

夫:システムに問題があるんだろう

(内容的につっくんでくる)

 

妻は、仕事の進め方について細々と夫に説明し、それについて

夫なりの意見を聞くハメに。。

 

しかし、妻の期待は

「大変だったね」

「僕は信頼しているよ」

というような言葉なのです。

 

妻は共感的・情緒的な答えを期待しても、

夫からは機能的・理論的な答えしか返ってきません。

かみ合わない会話に、妻は失望し続けてしまうのです。

 

妻は自分の生き方について悩んだり、日常生活に対する

否定的な感情を抱えたりしています。

しかし、日々のやりとりの中で、妻は夫の無理解を痛感して

しまいます。そのため、夫といても孤独感を感じてしまう

のです。

 

 

◆男女で違う、孤独感を感じる状況

ひとりでいるときに孤独を感じるのは当然ですが、

これを除くと、妻がもっとも孤独を感じるのは夫といるとき。。

 

一番理解してほしい相手に、自分の気持ちをわかって

もらえないという思いが、妻の孤独感を深めています。

 

逆に夫の場合は、

職場、つまり妻がいない状況でもっとも孤独を感じています。

妻の孤独感と裏腹に、職場で孤独を感じている夫にとって、

妻は孤独をいやしてくれる存在であることが多いのです。

 

 

◆孤独感が深くなると依存傾向に…

深い孤独感をかかえた妻は、ときに依存症に陥り、

日常生活に支障が出ることがあります。

例えば、お酒の力で心をマヒさせようとしてアルコール依存症

になってしまう人もいれば、必要もないのに大量のもの

買い込んでしまう、買い物依存になる人もいます。

若い世代では、インターネット上での人とのつながりに

溺れてしまうケースもあります。

 

いずれも、心の隙間をモノや行動で埋めようとする

気持ちが根底にあるのです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊