一緒にいることが辛くなってきて、夫といることが苦痛になった…

公開日: 

カップル

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

2014年6月につちやかおりさんと離婚した元シブがき隊のフッくんこと

布川敏和さん。

離婚前の夫婦の関係を語っており、夫婦が険悪になる過程を

わかりやすく表現していました。

 

 

~~(中略)~~

 

2年前くらいから。。距離が離れていって。。

2人がぎくしゃくしたのはすごく感じました」と語った。

 

インタビュアーが、「ギクシャクするというのは?」と質問すると布川は、

「何を言われても角が立つ。これはまずい、修復しないといけないと思って。

彼女に、『僕に悪いところがあったら直すから…』と言ったんですが、、、

 

『別に今、直してもらうところはない』と。

積もり積もったものだから今直せるものじゃないんだということに後で気づいた」

と述べた。

 

~~~~~~~~~~~

 

 

ここのくだりはすごく分かりやすいと思います。

夫が「このままではマズイ!」と思って修復を試みようとしたタイミング

では明らかに手遅れで、妻は既にあきらめ・夫婦としてやっていくのは

無理という判断を下しています。

 

無関心。。

自分は努力せず相手任せの修復を希望する。。

仕事に逃げる。。

 

男性の場合、これらを繰り返してしまうと確実に修復の

タイミングを逃すことになるのです。

 


 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊