「愛情飢餓」と妻の怒りの原因

公開日: 

ハート

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

男性からの夫婦相談で多いのが、

「妻の怒りが収まらず、どう対処していいのかわからない」

「こちらにも原因はあるが、それに対する妻の怒りがひどく精神的にも限界。。。」

「離婚はしたくないが、妻の怒りや暴言がひどくもう限界。。どうしたらよいのか…」

というものです。

 

当然、夫にも妻の怒りを作った原因がありますが、自分の気持ちをうまく伝えられない

妻の心の叫びが「怒り・暴言」につながっているようです。

 

◆子ども時代に負った「愛情飢餓」

ここでいう「愛情飢餓」とは、幼いときに親から愛情、関心、世話を十分に得られず、

寂しさ・悲しさに襲われたり、時には強烈な敵意すら抱く状態のことです。

これらの「こころの傷」は、年月が経ってもすべて癒されるわけではなく、大人になっても

心に残り続けます。また、大人になっても、なお子どもが親を求めるような感覚は残って

おり、欠けていた愛情を今の人間関係に求めるようになります。

その結果、人間関係にひずみができ、問題をもたらすことがあります。

 

これを夫婦関係で例えるなら、仮に「愛情飢餓」のパートナーは無意識のうちに相手に対して

理想的な父親・母親を重ね常に無条件で愛情を注いでくれることを求めてしまうのです。

 

◆他人に親の役割を重ね合わせてしまう

しかし、当然ですが相手は理想的な親とは異なる人格を持っているので、多くの場合、

期待する反応は返ってきません。そこで更に傷つくことになります。

 

「愛情飢餓」の強い人は、配偶者だけではなく、友達、先生などに対してつねに自分

に好意を向け、「第一に考えて欲しい」と願い「たとえ、わがままを言ったり過剰な要求を

したりしても、聞き入れて欲しい」とひそかに期待しています。

そして、相手がその要求に応えてくれればくれるほど、要求をさらにエスカレート

させていきます。

 

そしてついに相手が耐え切れなくなったとき、

「自分を愛してくれない」

「裏切られた」

と感じて強烈な不満を抱くようになります。

無条件で受け入れてくれることを求め、さらに要求がエスカレート

していく。。

その結果、夫婦関係や人間関係が壊れてしまうことが多いのです。

 

◆ありのままの自分を受け入れ、大事にする

どうすれば、妻の幼児的で未熟な愛情飢餓を癒すことができるのでしょうか?

その方法の一つが、妻自身が自分をいたわり優しくすることです。

欠点のある自分、嫌なところのある自分、何かに失敗した自分、etc

そんな自分を嫌ったり拒否したりせず受け容れてあげることです。

 

また、妻ひとりが頑張るのではなく、パートナーである夫は愛情飢餓の原因

となった出来事に耳を傾け、つらい気持ちを分かってあげ、妻自身のペースで

語ることができる環境を作ることです。

ただ、夫に過剰に求めすぎたり、思いの丈をぶつけてしまうこともあり

こちらが困惑する場合もあります。その場合は専門の相談窓口やカウンセラーの

助けを借りるのがよいでしょう。

 

大事なのは、

私たちは、自分の気持ちを理解し、共感してくれて、何を言っても無条件

大切にしてくれる人間関係の中に身を置いていると、自分をありのままに

愛して受け容れるという本来の自然な状態に還っていきます。

 

そして、自分を好きになると、他人から優しい思いや好意をもらえるようになり、

かつ、それらを素直に受け取れるようにもなるのです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の

見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で

暮らしていくためのお手伝いをさせていただく

事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが

対応致します。お気軽にお問合せください。

 

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 

『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊