離婚後、子どもに会えなくなった父親のはなし その2

公開日: 

親子2

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。  

その1から続き・・・

 

 

妻が病院へ行き、診断書を取ってきてから、その日は夫から謝り、

夫婦の溝を埋めようとしました。けれども、 妻の態度は相変わらずで、

仕事から帰っても、携帯ばかりいじっています。

夫が妻の態度をとがめると、色々な理由をつけて逆に攻めてきたので、

夫は自分が優しすぎたのが悪かったのかと思い、大声で怒鳴ってしまいました。

 

すると、妻は、

「今のはDVよ。言葉の暴力だわ。

恐ろしい目でにらみつけるのも、立派なDVなのよ!」

と叫んだそうです。

 

年が明けて、1週間ほどたった頃、夫が仕事から帰宅すると、

家はもぬけの殻で、家電製品、家具、妻と子どもの衣類、 おもちゃや絵本などが、

全部なくなっていました。

 

夫は信じられない思いで、、あちこち電話しましたが誰もまともに

答えてくれません。事前に準備して、しっかり頼んでいたのでしょう。

しかたなく、 妻の実家まで行ったところ、母親が出てきて、

 

「娘には会わせられない、

子どもたちもお父さんを怖がっている ので会わせられない」

と言われてしまいました。

 

「お父さんを怖がっている」・・・!? 耳を疑いました。

 

そんなことはまったくあり得ません。

生まれた時から育児に協力してきました。 おむつもかえ、ミルクや

げっぷも出させ、おむつ換え、夜中の授乳も手伝いました。

子どもをなぐったことなんか、一度もありません。

 

危ないことをしたときには、大声で叱りました。

けど、それはしつけです。 ときには、厳しく言わなければ

ならないこともあります。 それも父親の役割だと思います。  

 

子どもにはあれから一度も会っていません。

DV防止法の保護命令がでて、接近禁止となり、妻だけでなく、

子どもにも会っては いけないことになったからです。

会いたくなって子どものそばに行こうとすると、 法律違反なんだそうです。

電話も禁止されました。。。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊