離婚後2~3年で新たなバランス感覚を取り戻す

公開日:  最終更新日:2016/01/26

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚後、1年~1年半ぐらいの時期は、精神的に危機的時期であるとも言われています。

それは、離婚したことを後悔する気持ちや、別れた元配偶者に対する未練・怒りといった感情に揺れ

動き、「このまま一人で生きていくことになるのではないか?」といった将来に対する不安や孤立感

からです。中には異性との交際が過剰になる人もいれば、逆に抑うつ状態に陥って、ひきこもって

しまう人もいます。

 

しかしこうした危機的状況も、普通は2~3年もすれば落ち着いてきます。離婚後3年も経つと、親も

子どもも、以前とは違う新しいバランス感覚を取り戻すと言われています。

また一緒に住む子どもとの関係、特に同性どうし(母と娘、父と息子)は、ある意味では親密になる

ことが多いとも言われています。また一度は崩れてしまった家庭内の秩序やしつけに関しても、この頃

になると一貫性が回復してきますし、新しい友人もできてきます。

こうした新しいバランス感覚が回復された状態になって初めて情緒的にも離婚できたといえるかも

しれません。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md





 

 

 


 



 


 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊