見えにくい暴力…モラルハラスメント

公開日: 

クマ

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆モラルハラスメント(モラハラ)とは?

モラルハラスメントとは、近しい関係内で行われる精神的虐待です。

これは、モラルハラスメント(モラハラ)を一般的な「言葉の暴力」と考えてしまうと、カッと

なったときの暴言くらいは誰にでもあると、単純に考えてしまいがちです。

しかし、相手の存在を黙殺したり、侮蔑しきった態度で接したり、相手の言葉も人格も

何もかもことごとく否定しきることはどうでしょうか?

「やめてほしい」とお願いしても「文句を言うな!」と責められ、さらにひどい暴言を浴びせられる。

自分のいう通りにしなければ、大事なものをとりあげてやる。めちゃくちゃにしてやる。と脅かされた

らどうでしょうか?

「暴力」の正体は、怖いから相手の言うとおりにする。苦痛を避けたいから、相手の思い通り

に動くことです。そして、相手を怖がらせたり、苦痛を与えることによって、相手を思い通りにコント

ロールし、支配する』。これが「暴力」の目的です。

 

言葉や態度による暴力を、殴ったり蹴ったりすることに比べて、小さく考えてしまいがちです。

「私は殴られていないだけ、マシ」と。。。

しかし、上記で述べたようにモラハラも「暴力」の正体や目的と何らかわることはありません。

そのうち殴られるのが怖いから、先回りして、殴られないで済むように、相手の顔色をうかがって

全て相手の気に入るように動くようになります。言いたいこともしたいこともできなくなります。

「暴力」は自由を奪っていきます。

 

◆モラハラは被害が理解されにくい

モラハラが一番厄介な点は、DV(ドメスティックバイオレンス)のように証拠が残らないところです。

要は、被害が理解されにくい点が最も厄介だという問題です。

モラハラ加害者は、相手をコントロールし、支配する、と言う目的が達成できるなら、手段は何だって

いいのです。相手を怖がらせることによって、自分の思い通りに操ることができれば、加害者は

それでいいのです。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊